[7号] 事業者ごとの各種データによる説明精度【ヤフーのデータが語る】

データの価値は“ゴールの説明力”で決まる

 それぞれのデータでユーザー単価を説明したときの精度をグラフ化。ALLはすべてのデータを利用して分析した結果で、その説明精度を100% としている。結果が示すように、それぞれの事業者にとって、説明精度(予測精度)の向上に寄与するデータの種類が異なることがわかる。

ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。