[2号] ネイティブ広告についての現状認識【idea Lab.】

ネイティブ広告の本質はユーザーへの情報提供

 業界関係者460名に対してネイティブ広告についての現状認識をたずねたところ、8割弱の人が完全に新しい広告商品というわけではないと認識していることが明らかになった。

【調査概要】
調査目的:デジタル広告市場の成長領域の動向や構造、業界関係者の見解を俯瞰して把握すること
調査主体:MarkeZine編集部/デジタルインファクト(シード・プランニング)
調査対象:MarkeZine会員
調査数:460名
調査期間:2015年1月中旬~2月中旬
ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。

キーワード

ネイティブ広告 調査