[12号] 指標とすべき数字を見出す影響度と難易度のマトリクス【Feature】

改善の高速化、そのために必要な数字の使い方

 努力によってコントロールできる数字はどれかを考える。そして、結果への影響度と難易度のマトリクス上にマッピング。それを見て、影響度が高く難易度が低いものを選ぶ。

ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。

キーワード

マーケティング PDCA