[29号] 「パーソナルデータストア(PDS)」と「情報銀行」の利用意向【インテージ 生活者の「今」を知る】

“生活者主導”で変わる パーソナルデータ流通

 インテージが2016年9月に実施した「データ流通とプライバシーに関する意識調査」では、PDSの利用意向は6割ある一方、情報銀行の利用意向は3割に留まった。

ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。