[4号] 世代別の消費先と消費希望先【データで読み解く】

ミレニアル世代の消費実態と価値観を探る

 ミレニアル世代の消費先として、もっともお金をかけているのが「食費」で73%、次いで、「趣味・娯楽」が64%、「衣服・ファッション」が56%だった。また、それに続く「貯蓄」50%、「交際費」48%もこの世代の特徴と言える。

ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。