[34号] AIの導入で心配なこと【データで読み解く】

AI、どんな職業で活躍して欲しい?

 AIはまだ新しい技術であり、今後どこまでビジネスの中で活用されるようになるのかはわからない。まだ誰も経験したことのない社会へと転換していく可能性があるため、不安を感じる人がいたとしても当然である。

ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。

キーワード

AI マクロミル 調査