MarkeZine(マーケジン)

記事種別

最新「スパム送信国ワースト12」発表 ポーランドからのスパム配信が急増中

2007/04/11 00:00

 セキュリティ&コントロールソリューション大手のソフォスが2007年1~3月の「スパム最多配信国ワースト12」を発表し、ポーランドからのスパムが急増していることがわかった。

 ポーランドからのスパムが急増中だ。法人向けセキュリティ&コントロールソリューション大手のソフォス株式会社が4月11日に発表した「2007年1~3月のスパムの最多配信国ワースト12に関する最新のレポート」によるとポーランドが急激に順位上昇し、全体で3位にランクインした。調査は、世界各地に展開する脅威解析センター「ソフォスラボ」のアナリストが、上記期間に受信した全スパムを分析して実施された。首位はアメリカ、2位は中国。

 ポーランドを経由したスパム配信は、06年の同時期(1~3月)には3.8%だったが、07年はそのほぼ2倍に比率が跳ね上がっている。これについてソフォスは「僅差で2位となった中国や、低いランクに位置するロシアやインドに比較してポーランドの人口が少ないことを考えると、同国のコンピュータへのセキュリティ対策に問題があると伺われる」とコメントしている。日本は1.3%で全体に占める比率は前回と変化がなかった。

スパム送信国ワースト12は以下の通り。

■2007年1~3月
1. アメリカ                  19.8%
2. 中国(香港を含む)  7.5%
3. ポーランド               7.4%
4. 韓国                       7.0%
5. イタリア                  5.0%
6. フランス                  4.1%
7. ドイツ                     3.7%
8. スペイン                 3.5%
9. ブラジル                 3.1%
10. ロシア                  3.0%
11. インド                   2.8%
12. 台湾                     2.5%

その他                       30.6%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5