MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「Wi-Fiが繋がらないスポット」をあえてPRするキットカットの意表をついた広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を紹介するこの連載。今回は「Have a break(一息入れよう!)」でおなじみ「Kit Kat」ならではの“逆転の発想”をお楽しみください。毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2013年1月
  • 国名:オランダ
  • ブランド:Kit Kat
  • 業種:菓子

こういう場所も必要ですよね

 街中の様々な場所でWi-Fiが自由に使えるようになってきている昨今、外出先でもコンスタントにオンラインに接続してメールをしたり、「いいね」したり、ネットサーフィンする人も少なくありません。

 外出先でも頻繁にネットに接続している現代人に向けて、「Have a break(一息入れよう)」がキャッチコピーのお菓子「Kit Kat」が、オランダで仕掛けたアンビエント広告が斬新です。

 街中にキットカットの赤と白のブランドカラーで“Free No WiFi Zone”と上部に掲示した円形のベンチを制作

 このベンチでオンラインのことは忘れて友達と会話をしたり、紙の本を読んだり、キットカットを食べて、一息つきませんか?とコミュニケートしています。

 「この店Wi-Fi使えます」というステッカーはよく目にしますが、「Wi-Fiが繋がらないスポット」を大々的に発信して、『一息つきたい時に食べたくなるキットカット』というブランドイメージと結びつける発想がユニークです。

 まさに発想の転換といえる施策。面白いですね~~。

参考サイト

Ads OF The World

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載: 「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5