MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マーケターはストーリーテラーに/ジョージ・クルーニーは語る「ストーリーテリングは新しい場所と方法へ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/03/24 17:30

 Adobeは米国時間の3月22~24日、米ラスベガスで年次デジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Summit 2016」を開催している。23日の基調講演では、有意義で一貫性のある「体験」を提供するためには「ストーリー」が重要であると語られ、各界の著名人がインスピレーションを与える刺激的な話を展開した。

 Adobeは米国時間の3月22~24日、米ラスベガスで年次デジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Summit 2016」を開催している。その中で繰り返し強調されるキーワードは「顧客体験中心のビジネス(エクスペリエンスビジネス)」だ。そして、2日目となる23日の基調講演では、有意義で一貫性のある「体験」を提供するためには「ストーリー」が重要であると語られた。各界の著名人がゲストとして登場し、ストーリーを生み出すクリエティブなビジネスにインスピレーションを与える刺激的な話を展開した。

マーケターはストーリーテラーに

 講演冒頭にて、Adobe バイス プレジデントのジョン・メラー氏とともに、タレントで起業家のダニー・オズモンド氏が登場。ディズニー映画『ムーラン』で氏が歌った「Let's get down to business(本題に入ろう)」からはじまる曲を熱唱。来場者も合唱し、活気あふれる幕開けとなった。この演出、そして本講演の内容自体がまさに「体験」の価値を強烈に印象づけるものとなっていた。

アドビ システムズ社 デジタルマーケティング事業部門ストラテジー、ビジネスデベロップメント&マーケティング担当 バイス プレジデントのジョン・メラー氏(左)とタレントで起業家のダニー・オズモンド氏(右)
アドビ システムズ社 デジタルマーケティング事業部門ストラテジー、
ビジネスデベロップメント&マーケティング担当 バイス プレジデントのジョン・メラー氏(左)と
タレントで起業家のダニー・オズモンド氏(右)

 企業が「顧客体験中心のビジネス(エクスペリエンスビジネス)」を展開するために必要なものとはなんだろうか。もちろん、データは重要だ。大量のデータを集め、分析する仕組みを有する企業は少なくない。しかし、それだけでは不十分なのだ。データをコンテンツに反映し、有意義で一貫性のある「体験」に変換する必要がある。コンテンツを使ってストーリーにまとめあげることが必要なのだ。人の心を動かすのは、ストーリーであり、それを「体験」させることだ。

 例えば、本サミットの開催地であるラスベガス。その地を訪れたことのない人でも、多くの場合、写真や映像で見た覚えはあるだろう。映画『オーシャンズ』シリーズの舞台としても有名だ。しかし、実際にその地を訪れるという体験をすることで、はじめてその場所と人とが「パーソナルな繋がり」を持つことができる。そして、繋がりを持つことで、ラスベガスへのイメージが変わる。認知、認識度が大きく変化するのだ。これは、企業、ブランド、製品、サービスにおいても同じことが言える。何も物理的な接触だけが体験のすべてではない。コンテンツを通して体験を提供することはできる。そのための武器となるのがストーリーだ。

 テクノロジーがストーリー作りやその拡散を補佐できる部分はある。しかし、実際にストーリーを紡ぐのは人だ。メラー氏は、「Adobeはパートナーとしてテクノロジーとエコシステムで支援していく。しかし、ストーリーテラーとなるのは皆さん自身」と語った。

 では、登壇内容からラスベガスにゆかりのある2者の話を紹介する。「ストーリーテラー」となるためのヒントを見つけ出して欲しい。まずは世界最高峰のサーカス集団から。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:Adobe Summit 2016 レポート

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5