MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本の「SNSへの興味を失って来ている」率は55%、17か国中最高に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2008/10/14 11:35

 調査会社シノベイトが、世界17か国で行ったSNSについての意識調査で、日本ではSNSに対する興味が急速に失われているという結果が出た。

 シノベイトは、今年6月に、ブラジル、ドイツ、ポーランド、ロシア、セルビア、スロバキア、南アフリカ、
台湾 、ブルガリア、インド、インドネシア、アラブ首長国連邦(UAE)、カナダ、フランス、日本、オランダ、アメリカの17か国、計13,000人を対象にSNSに関する意識調査を実施した。

 発表された資料によると、全調査対象者の58%がSNSについて「知らない」と回答し、SNSについて「知っている」と答えた人の割合が最も高かったのはオランダ(89%)、日本(71%)、アメリカ(70%)となっている。全調査対象者のうちSNS利用者は26%。利用者の割合が最も高いのはオランダ(49%)で、UAE(46%)、カナダ(44%)、アメリカ、日本が40%と続いている。

 「現実世界よりもネット上で友人を作る方が簡単だ」と考えている人は全SNS利用者の46%。台湾、インド、アメリカでは6割前後の人が同意にしているのに対して、日本では逆に6割以上の人が「そうは思わない」と回答。さらに、「現実世界よりもネット上の友人の方が多いか」という質問には、全SNS利用者の21%が同意。UAE、南アフリカ、アメリカでは3割以上の人が同意しているのに対して、日本は11%にとどまっている。

 また、「SNSへの興味を失って来ているか」という問いかけに対して、全SNS利用者の36%が同意。その割合が最も高いのは日本(55%)で、アメリカ(45%)よりも高い結果になっている。

【関連記事】
SNS市場、2009年度には500億円突破
Facebookの利用者数は前年の3倍以上、GREEは14%減【6月のSNSビジター数調査】
ビジネスSNSも成果主義の時代? コミュニティの停滞を打破する「wizli」のスカウトサービス
SNS市場、ブログを上回る倍増ペースで成長【コラボレーション製品市場調査】
2007年のCGM利用者は混ざり合いながら増加、SNSは2100万人、ブログは3500万人、動画共有サイトは2400万人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5