[20号] マルチデバイス調査(RDD方式)【インテージ 生活者の「今」を知る】

アプリの利用データから生活者の姿を読み解く

 インテージが2016年12月に実施したRDD(無作為番号による電話調査)によるマルチデバイス調査では、個人のスマートフォン利用率は2016年に7割を超え、既にPCの個人利用率と逆転している。

ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。