「広告」に関連する記事一覧

21~40件(全47件)
  • クリック前後の課金額【ヤフーのデータが語る】

    広告効果はダブルファネルで考える  クリック課金型広告のキャンペーンで、クリック前後それぞれ1か月に課金がある既存顧客を対象に、前後の課金額の変化を表した図。

    2016/05/25
  • スコア【ヤフーのデータが語る】

    広告効果はダブルファネルで考える  ハワイツアーに関して、Yahoo!検索のサーチキーワードをグループ化し、それぞれのキーワードグループごとに、横軸に「一定期間で計測した検索UB(ユニークブラウザ)数規模」、縦軸に「同一期間内に任意に指定した20サイトのハワイツアー関連ページへ流入した確率」を示した図。

    2016/05/25
  • キーワードカテゴリー【ヤフーのデータが語る】

    広告効果はダブルファネルで考える  キーワードカテゴリー。行き先の絞り込み度と、具体的旅行意図の進行度によって6通りに分類。

    2016/05/25
  • 流入UBの競合率【ヤフーのデータが語る】

    広告効果はダブルファネルで考える  ターゲットとして指定した20サイトへ流入したUBのうち複数サイトに流入したUBの比率を示したグラフ。

    2016/05/25
  • 2015年日本の広告費 媒体別広告費【Feature】

    ネット広告の多様化で広がるクロスメディア展開の可能性  2015年日本の広告費、媒体別広告費。ネット広告は、2014年に初めて市場規模1兆円を超えたが、引き続き伸びて110.2%と二桁の伸長。プロモーションメディア広告費も前年比99.1%だったため、ネット広告の伸びが全体を牽引していると言える。

    2016/06/25
  • 日本の総広告費と名目国内総生産(GDP)の推移【Feature】

    ネット広告の多様化で広がるクロスメディア展開の可能性  GDPのグラフと合わせてみると、景気に大きく左右されていることがわかる。

    2016/06/25
  • CMARC概念図【Feature】

    デジタルデータを駆使してマス広告を最適化する  テレビCMを軸としながらターゲットリーチを補完するシステム「CMARC(シーマーク)」の概念図。「TVCM ACTUAL REACH COMPLETION AD DELIVER SYSTEM(テレビCMアクチュアル到達補完型広告配信システム)」の略で、テレビCMの視聴データをほぼリアルタイムで取得し、どの程度ターゲットに到達したかを把握するもの。

    2016/06/25
  • CMARC補完のイメージ【Feature】

    デジタルデータを駆使してマス広告を最適化する  CMARCでは、テレビCMアクチュアル値と最終的なゴールとの差を算出し、それを埋めるためにどのようにデジタル広告で補完すべきかを判断し、ターゲットへの動画広告配信を実行する。

    2016/06/25
  • お客様視点での商品ブランドのポジション/認知・再生マトリクスによる分類【Insight】

    マス×デジタル×リアルで“町内会 以上、友達未満”の関係構築/森永乳業  お客様視点に立ったコミュニケーションを実現するための、ブランドポジションとマトリクス。

    2016/10/25
  • ブランドコミュニケーションの考え方【Insight】

    マス×デジタル×リアルで“町内会 以上、友達未満”の関係構築/森永乳業  「4+1戦略」の考え方でブランド戦略を立案。まず認知・再生マトリクスとイノベーター理論の普及曲線を用いて、「パルテノ」「マウントレーニア」など各ブランドをイントロダクション、成長、ブランディング、ロングセラーの4段階に分類。「+1」は、商品価値やアプローチが少し異なる、ヨーグルトなどの機能性ブランドを指している。

    2016/10/25
  • 何のためにデジタルが役立つのか【Insight】

    マス×デジタル×リアルで“町内会 以上、友達未満”の関係構築/森永乳業  森永乳業におけるデジタルの位置づけ。デジタルは関係作りに役立つ。

    2016/10/25
  • Braveが目指す、新たな広告エコシステム【DI. MAD MAN Report】

    暗号通貨「イーサリアム」を活用し、広告エコシステムを革新する「Brave」  Webブラウザー「Brave」が目指す、「ユーザー」「パブリッシャー」「広告主」の三者すべてがメリットを享受できる新たな広告エコシステムの仕組み。Braveが発行する自社トークン「BAT(Basic Attention Token)」を活用することで、広告主は広告費をユーザーやパブリッシャーに直接配分できるようになる。

    2017/08/25
  • UGCの画像解析データとLetroが保有する広告出稿データを分析し、数あるUGCの中から広告効果が高いと想定されるUGCを予測【次世代マーケティング教室】

    UGCマーケティングが切り拓く、広告クリエイティブの新常識  アライドアーキテクツが提供する「Letro(レトロ)」は、「MILA(ミラ)」という人工知能を搭載している。MILAには過去の膨大な出稿データが蓄積されており、ここからUGCの構成情報をもとに、企業にとって広告効果の高いUGCを事前に予測することができる。

    2017/09/25
  • クリエイティブPRにおける3つの“セイ”【次世代マーケティング教室】

    クリエイティブPRの時代  広告の強みとPRの強みを発揮する要素は、「What to say(セイ)=企業やブランドの何を言うか?」「How to say(セイ)=どういう言い方で消費者の興味を引くか?」「ニュース性(セイ)=自発的にメディアやSNSで取り上げられる」の3つの“セイ”で整理できる。「

    2017/10/25
  • チラシ市場の推移【次世代マーケティング教室】

    変わりゆく小売店舗のマーケティング  年間4,500億円程度と推定されるチラシ市場は、この数年微減傾向にあるが規模は依然として大きい。

    2017/11/25
  • 新聞購読率の低下【次世代マーケティング教室】

    変わりゆく小売店舗のマーケティング  1995年から2015年にかけて、新聞購読率は激減している。

    2017/11/25
  • 米国のマーケティング・ミックス動向と予測(2016年と2030年の比較)【DI. MAD MAN Report】

    2030年、米国広告業界 「次の12年」予測  投資銀行のCredit Suisseの調査レポート「The Future of Advertising」をもとに、テレビや新聞など各予算の配分や比率に関する予想を図解した。

    2018/01/25
  • 米国におけるマーケティング・ミックスの試算【DI. MAD MAN Report】

    2030年、米国広告業界 「次の12年」予測   投資銀行のCredit Suisseの調査レポート「The Future of Advertising」における、テレビや新聞など各予算の配分や比率に関する数字の内訳を図表化した。

    2018/01/25
  • デジタル空間のPESO構造【Webマーケティング基礎講座】

    PESOメディアを俯瞰するPDCA  ペイド(Paid)、オウンド(Owned)、アーンド(Earned)、シェアード(Shared)という4つの視点で企業のコミュニケーションとメディアのあり方を整理して考える。これは現代マーケターの基本的なフレームである。

    2018/03/25
  • ペイド領域の施策【Webマーケティング基礎講座】

    PESOメディアを俯瞰するPDCA  ペイド領域における施策。

    2018/03/25
21~40件(全47件)