MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

シャイな男性のインサイトを捉えたバーのダイレクト・マーケティング、ビールの売上も2倍に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を紹介するこの連載。気になる女性に声をかけられない男性のために、シンガポールで人気のバーが、あるアプリを開発。でもシンガポールの男性ってそんなにシャイなんでしょうか? 毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2012年
  • 国名:シンガポール
  • 業種:Harry’s Bar
  • 業種:飲食店

ビールが取り持つオンラインでの会話

 シンガポールで最も人気のあるバー・チェーン、「Harry’s Bar」が仕掛けたダイレクトマーケティング。

 シンガポールの若者は異性に積極的に声をかけることができない、いわゆる“シャイボーイ”が多いそうで、そんなシャイな男性でもバーで見かけた気になる女性と気軽に“会話”ができるようになれば、と考案された企画、その名も“Bottle Message”。

 ビールを注文した男性客にQRコードが描かれたタグ付きのビール(瓶)を出します。

 男性客はバーの中で気になる女性がいて、とりあえず匿名で気軽に声をかけたかったら、当企画専用のHarry’s Barメッセージアプリをダウンロードして、その後でタグについているQRコードを読み取り、そのアプリで女性へのメッセージをタイプします。

 その後で、男性にもう1本ビールを購入してもらいます。そして、自身のビールについていたタグをはずしてひっくり返し、新しいビールにかけ直します(こうした説明もすべてタグに明示されています)。

 そのタグ付きの新しいボトルを店員に頼んで、「僕からあちらのお客さんへ」的な感じで意中の女性のもとに持って行ってもらいます。

 受け取った女性がタグを読み、QRコードをスキャンすると、先ほどの男性のメッセージが読めて、気軽に会話がスタートできるという仕組み。

 以下はメッセージ交換の一例です。

 メッセージ付のビールを受け取った女性たちは大いに驚き、大好評だったそうです。さらにこの取り組みを通じて同チェーン店のビールの売上はなんと2倍になりました。こういうお客さんが喜ぶ仕組みを創出して、お店の売上(実利)にも繋げるのは素晴らしいですね。

 ターゲットインサイトを捉えた素敵な取り組みでした。

動画はコチラ

参考サイト

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載: 「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5