MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソーシャル時代のプレスリリースサイトへ、PR TIMESがサイト刷新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/11/12 12:00

 PR TIMESは12日、メディア関係者だけでなく、情報感度の高い生活者も集まるプレスリリースポータルとしてサイトをリニューアル。これまでのプレスリリースサイトとは一線を画すニュースサイトのような外観、レコメンド機能などを備えている。

 プレスリリースは、企業がメディア関係者向けに発表する「報道用資料」。プレスリリースのネット配信サービス「PR TIMES」は、近年、プレスリリースメディア関係者のみならず情報感度が高い生活者もプレスリリースに注目していることを受けて、サイトをリニューアルした。

写真をフィーチャーし、一般ユーザーの目を引くニュースサイトのように生まれ変わった「PR TIMES」
写真をフィーチャーし、一般ユーザーの目を引くニュースサイトのように生まれ変わった「PR TIMES」

 PR TIMESで配信されるプレスリリースは、現在メディア記者が閲覧するだけでなく、プレスリリースが数百を超えてツイートされ、検索エンジン経由のアクセスが増大している。TwitterやFacebookからの流入数もここ数年増加しており、プレスリリースはソーシャルメディアでも共有対象のコンテンツとして受け入れられているようだ。

 今回のリニューアルでは、こうした状況を踏まえて、注目度の高いプレスリリースを表示する「注目のプレスリリース」、写真や画像をフックに並べた「プレスリリース画像一覧」、動画付きプレスリリースを掲載する「映像ギャラリー」を新設。あわせてFacebook、Twitterで話題になっているプレスリリースをサイトトップページに表示する。

 また、 配信されたプレスリリースの情報価値を「注目度」として算定し、サイトトップページ「注目のプレスリリース」へ掲載。訪問者の閲覧履歴から「関連プレスリリース」・「同ジャンルの企業」・「よく見るカテゴリ」をレコメンド表示させる機能を新たに搭載している。そのほかにも、プレスリリース本文中の文字を、太字、下線、見出しにより装飾する機能、効果測定の機能強化など、次世代のプレスリリース配信サイトとして全面的に機能強化を行っている。

【関連記事】
PR TIMES、プレスリリース配信サービス利用企業が4000社を突破
Jリスティング、韓国でプレスリリース配信支援サービス
「プレスリリース3分作成ツール」がパワーアップ
「@Press」で、プレスリリース配信時に企業サイトも自動更新するサービス
News2u、お手本となるプレスリリースを毎月表彰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5