MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソーシャル会員1,000万人を目指す、ローソンのLINE活用術に迫る!【第1弾:ローソン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/01/09 11:00

 2012年6月、企業向けにLINE公式アカウントの提供が始まった。それはマーケティングプラットフォームとして、LINEが企業向けに開かれたターニングポイントであった。この連載では、LINEマーケティングに先駆的に取り組む企業の事例を紹介していく。今回はLINE活用に一早く取り組み始めたローソン 白井明子さんにお話しをうかがった。(バックナンバーはこちら)

ローソンのWebマーケティング戦略概要

 今回取材にうかがったローソンは、LINE公式アカウントの開設をはじめ、無料スタンプの提供やLINE連携アプリとタイアップしたキャンペーン実施などに一早く取り組んだ、代表的なLINEマーケティング先進企業の一社だ。

 お話をうかがったローソン 広告販促企画部(兼)CRMアシスタントマネジャーの白井明子さんは、2010年にWebプロモーション強化という社内方針が定まった後、ソーシャルメディアなどのプロモーションなどを担当。マスメディアを使ったプロモーションや大規模な販促フェアの展開なども仕掛けた経験を持つ。

株式会社ローソン 広告販促企画部(兼)CRM推進部 アシスタントマネジャー 白井明子さん

 「もともと、Webマーケティングは広告販促企画部が主幹の仕事なので、目的はいわゆるO2O施策です。Webから店舗へお客さまに来ていただくことですね。O2Oを目的にいろいろなプロモーションを行っていますが、最近求められることは多角化しています。広告販促企画部に加えて、CRM推進部という部署を兼務しています。ローソンは5,000万人以上の会員を抱えるPontaカードの加盟企業なのですが、CRMの推進と一緒に販促をするという方針です」

LINE公式アカウント開設「やります」と即答した理由

 ローソンは2012年6月に、企業向けLINE公式アカウントの提供がスタートしたタイミングで、第一弾の企業の一社としてアカウントを開設した。それから約7か月間、LINEマーケティングに取り組んでいる。

 「NHN Japanさんに企業向け公式アカウントのお話をいただいて、『やります』と即答でお返事しました。これはやっておかないと、後悔することになる予感がしたので、アカウントを開設しようと即決しましたね。

 LINEマーケティングの予算は、もともと年間で持っているWeb予算から充当しました。新しく始めるプロモーションをLINEの費用へと集約した感じですね」(白井さん)

ローソン公式アカウント(LINE ID: #lawson)

 FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアとは異なり、アカウントを開設する際に安くはない費用がかかるLINE。その活用に踏み切ったのは、「このタイミングで取り組んでおかないと、他社に後れをとってしまう」という危機感であった。LINEという新しいマーケティングプラットフォームの秘める力をいち早く見出し、活用に踏み切ったことは、ローソンのWebマーケティング戦略の姿勢に通じるものがありそうだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:LINEマーケティング活用企業特集

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5