MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「人が欲するものの、根本は変わらない 」“使ってもらえる広告”は時代を超える

2017/04/11 08:00

 デジタル上でのコミュニケーションは、企業のマーケティングやブランディングを明らかに変革し、速度と深度を増している。電通デジタルの有園雄一氏が業界のキーパーソンや注目企業を訪ね、デジタルが可能にする近未来のマーケティングやブランディングについてディスカッションする本連載。今回は、メディア環境の変化によって広告の概念も変わる中、クリエイティブにはどういう視点が求められるのか、2010年に『使ってもらえる広告』を上梓した博報堂 須田和博氏と考える。2017年現在、果たしてどのような広告が“効く広告”なのだろうか?

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5