[2号] 購入意向の傾向【ヤフーのデータが語る】

時代は“十人十色から一人十色へ”

 テレビCMとインターネット広告における質的差異を分析するために、実際にテレビCMとYahoo! JAPANブランドパネルによって展開されたスキンケア商品のプロモーション。

 広告出稿後にアンケート調査を実施し、「商品購入意向に影響する要素は何か」「広告は商品イメージにどのような影響を与えるのか」「テレビCMとブランドパネルでは、それぞれどのような商品イメージの認知を促進するのか」などの設問に対する回答データを収集し、分析を行った。

 本図は訴求商材(スキンケア商品)のブランドに対するイメージを聴取した約30項目の回答結果をもとに、統計処理を施してグルーピングしたもの。

【調査概要】

  • 調査対象:スキンケア関連商品ブランドパネル接触者/非接触者かつ20~40代の女性
  • 調査数:約2,000名
  • 調査期間:ヤフー調査
ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。

キーワード

テレビCM ヤフー 調査