[1号] 商品/サービスの認知から購買に至るまでのシーン別で接触している広告媒体【データで読み解く】

生活者が本当に意識している広告媒体とは

 生活者は一体どのような広告を見聞きし、意識しているのだろうか。普段見聞きしている広告媒体について挙げてもらった。「普段見聞きしている」といっても、商品やサービスを認知してから購買/利用に至るまで複数の広告媒体に接触し、それぞれのシーンによって接触している広告媒体も変わってくる可能性がある。そこで、それぞれのシーンで生活者が接触している広告媒体が異なるのかについて検証を試みた。本調査の結果においては、マス広告媒体が商品やサービスの認知獲得に一定程度寄与しているといえるだろう。

【調査概要】
調査対象:全国の10~60代の男女
調査数:816名
調査方法:インターネット調査
ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。