MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Yahoo!JAPANのトップページリニューアルが市場に与える影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2007/07/27 12:00

Yahoo!JAPANの新しいトップページをご覧になったことはありますか? 先日、Yahoo!JAPANを運営するヤフーは、2008年にトップページのリニューアルを行うことを発表しました。今回はこのトップページリニューアルが市場に与える影響を考察しました。

2008年にYahoo!JAPANのトップページが変わる!

 Yahoo!JAPANの新しいトップページをご覧になったことはあるだろうか? 先日、Yahoo!JAPANを運営するヤフーは、2008年にトップページのリニューアルを行うことを発表した。現在、Yahoo!JAPANを訪問するユニークユーザーの0.5%近く、約10万人を対象にアルファー版を実施しており、リニューアルに向けて着々と準備を進めている。一方、ニュースやオークションに代表されるトップ面以下の階層に関しても、2007年10月を目途に広告枠の刷新を図る。ここでは、日本最大級のポータルサイトYahoo!JAPANのリニューアルの要点とそのリニューアルが市場にもたらす影響を考察してみる。

 まずは下記がYahoo!JAPANのリニューアルトップページと現在のページなので、それぞれどう違うのか比較していただきたい。

Yahoo!JAPANリニューアルトップページ
Yahoo!JAPANトップページ(現在)

トップページリニューアルのポイントは?

 トップページリニューアルの要点をまとめてみよう。基本的には「作り手本意なページ」から『ユーザー目線のページ」をコンセプトに掲げ、グローバル統一デザインへの変更を図っている。

    リニューアルのポイント
  • 現状のトップページを2ペイン構造から3ペイン構造へとデザインを変更
  • ウィンドウサイズの拡大(幅710pxから950pxへ)
  • 広告領域の拡大(ブランドパネルが幅224pxから350pxへ拡大※幅が約1.56倍に)
  • 検索領域を拡大(140%拡大)
  • 「買う」「知る」「楽しむ」とカテゴリー単位で各サービスへのリンクを表示していた「コンテントボックス」を廃止し、トップページ左側に各コンテンツへの誘導枠を縦一列に表示
  • 現在ページ右側にある「トピックス枠」をページ中央部に設置・提携企業向けに『ネットワークパートナー』枠を用意し、トップページから直接誘導を行う

 次にトップ面以下リニューアルについて見ていこう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:セプテーニスタッフが熱く語る「Webマーケティングコラム」

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5