MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

グーグル、不正な広告の取り締まりを強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/03/15 18:50

 グーグルは、サイトに表示される不正な広告の取り締まりを強化していることを明らかにした。

  グーグルは15日公式ブログで、悪意のある広告、有害な広告を排除するために、対策を強化していることを明らかにした。これはグーグルがビジネスを展開しているすべての国で進められているもので、偽造品や違法な製品の広告、まぎらわしい表現の広告、詐欺的な在宅仕事のあっせん、不明瞭な請求行為などについての広告などが取り締まりの対象になる。

 グーグルは自動化された監視システム、手作業での確認作業、ユーザーからの通報などを組み合わせる体制をとっている。監視システムは、マルウェアやウイルスを含む不正なダウンロードサイトの広告が表示される前に検知して削除するほか、ランディングページ、広告主のアカウントもスキャンすることができる。また、疑わしい広告にはフラグが立てられ、ポリシーの専門家が広告、サイト、アカウントをレビューすることになる。

 グーグルが2011年に無効にした広告は1億3000万にのぼっており、偽造品を広告しようとした15万ものアカウントを閉鎖している。

【関連記事】
グーグル、自社サイトの見え方をチェックできる「スマートフォン最適化診断レポート」公開
Androidマーケットを「Google Play」に統合
世界のウェブページの6割以上が「ユニコード」に
ヤフーが掲載順位決定方式を変更、「広告品質」も重視
オプトグループ、広告に「informationマーク」を表示、透明性の高い広告提供を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5