MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2013年Q4、米国ではスマホ広告とPLAが驚異的な成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/01/10 15:00

 IgnitionOneは8日、2013年第4四半期のデジタルマーケティングレポートを発表。活況を呈した年末商戦のなかで、スマートフォンとPLA(Product Listing Advertising)が驚異的な伸びを見せた。

 2013年の第4四半期の年末商戦は好調のうちに幕を閉じた。米国のデジタルマーケティングテクノロジー企業IgnitionOneが発表したレポートによると、2013年第4四半期の検索広告費は前年同期比12%増。デバイス別では、タブレットが前年同期比82%増と好調だったが、スマートフォンは253%増と驚異的な成長を見せた。タブレットの伸びが落ち着いて見えるのは、エンハンストキャンペーンのターゲティングの制限によるものと見られる。

 また、Googleの広告サービス「Product Listing Ads(PLA)」が大きく成長していることが明らかになった。前年同期比で、PLAのインプレッションは380%増、クリックは312%増、そして広告費は618%増となっている。PLAはインプレッション全体の10%、クリックの13%、広告費の16%を占めており、従来のPPC型検索広告を大きく上回っている。

【調査概要】
本調査は、IgnitionOneが、Google AdExその他のディスプレイネットワーク、およびGoogle、Yahoo!、Bingの検索ネットワークにおいて、990億以上のインプレッション、27億以上のクリックをトラッキングして集計したもの。調査期間:2013年1月1日~2013年12月2日

【関連記事】
有償化したGoogleの「商品リスト広告」、クリック・広告費ともに増加
日本でも「Googleショッピング」の検索結果を「商品リスト広告」ベースの商用モデルへ移行
スクー、スマホで生放送授業が閲覧できる『スクー生放送』アプリ公開
新しいスマホゲーム、約3割が「今遊んでいるゲーム内で表示された広告を見て」
楽天2Q決算、好調の国内ECはモバイル・タブレット流通総額が前年同期比48.4%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5