MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

クラウドワークスが「スマ検」導入、アプリ開発者のスキルを可視化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/04/25 12:30

 クラウドワークスは、D2Cの「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」の導入を決定。急増する開発案件に対応できる開発者のスキルを見える化する。

 クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」の会員登録は現在15万名超。開発業務のクラウドソーシングが急速に増加する中で、発注者とスキルを持ったエンジニアとのマッチング精度を向上させるため、今回D2Cが提供する「スマートフォンアプリ開発技術検定試験(スマ検)」を導入する。

 「スマ検」は、日本トップレベルのアプリ開発エンジニアたちの監修のもと提供されるiOS、Android OS向けのアプリケーション開発技術の検定試験で、プログラミング言語の習得度やアプリ作成能力、アプリをリリースする能力といったさまざまな観点から、エンジニアの能力を評価。オンライン完結型で全国から24時間受験が可能なため、アプリ開発に携わるエンジニアにとっても利用しやすい。

 クラウドワークスは、同社サービスを利用するエンジニアに向けてスマ検の利用を促進するとともに、今年6月をめどに、検定で上位スコアを記録したエンジニアのプロフィールにスマ検のスコア認定証を表示する等の施策を実施する。

【関連記事】
クラウドワークス、「DeNAショッピング」と業務提携
クラウドワークス、MITと共同研究開始~「クラウドワークス リサーチ」設立へ
ボンカレー、キャッチコピーをクラウドワークスで募集
キーバリュー、Google Glassアプリ「Glassニュース」開発
国内初!イベントをパーソナルキュレーションするiPhoneアプリ「Cocotte」登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5