MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

会員制転職サイト「ビズリーチ」のYahoo! DMP活用 優良会員になりうる潜在層を獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/01/22 11:00

 「マーケティングイノベーション室」の設立、広告ソリューションのリニューアルと、近年まさに“爆速”でドラスティックな変革を続けているYahoo! JAPANによる本連載。今回は同社データビジネスユニットのマネージャー石井充久氏とビズリーチの青山弘幸氏に、昨秋のアドテック東京で発表された、Yahoo! DMPを活用した潜在顧客開拓の事例について掘り下げて聞いた。

できるだけ優秀な会員を集めるにはどうすればいいか?

MarkeZine編集部(以下MZ):今回は、Yahoo! DMPを使って潜在顧客にアプローチした実例をご紹介いただきます。昨秋のアドテック東京にて、石井さんと青山さんが登壇されたセッションでは、速報的にこの事例を紹介されたそうですね。

ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー データビジネスユニット ユニットマネージャー 石井充久氏(写真左)株式会社ビズリーチ マーケティング部 マネージャー 青山弘幸氏(写真右)
ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー 
データビジネスユニット ユニットマネージャー 石井充久氏(写真左)
株式会社ビズリーチ マーケティング部 マネージャー 青山弘幸氏(写真右)

石井:ええ、この施策はビズリーチさんと弊社との実証実験として行いました。ビズリーチさんの保有する優良顧客データをYahoo! DMP上で蓄積・管理可能にさせるところから始めて、潜在顧客層の発見を試みました。

MZ:まずは、ビズリーチさんの事業環境と課題を教えていただけますか?

青山:当社が運営する会員制転職サイト「ビズリーチ」は、管理職とグローバル人材に特化しており、現在会員が39万人、人材を求めている登録企業が2700社、登録ヘッドハンターが1100人います。求職者を企業に紹介する人材紹介業ではなく、当社はあくまでもプラットフォーム提供の立場で、求職者と企業やヘッドハンターとのマッチングを促しています。

 課題は2つありまして、ひとつは管理職やグローバル人材を中心に集客しているため、ターゲットとなる人材にリーチする手段を増やさなければならなかったこと。もうひとつは、創業した6年前に比べてマーケットも好況で競合も増え、優秀な会員層の獲得が難しくなってきたことです。

 会員はプロフィールを公開し、企業やヘッドハンターからのスカウトメールを受信できるのですが、当社としてはなるべく多くスカウトされるような優秀な会員を集めたい。つまり「新規獲得会員のうちの優良顧客率を高めたい」と考えていたんです。

Yahoo! DMPでセグメント抽出、Yahoo!プレミアムDSPで潜在顧客層へ広告配信

MZ:なるほど。単純に新規顧客の獲得最大化などは、すでにこれまでの施策でかなり進められていたんですか?

青山:そうですね、会員登録のCPA最適化、最大化はできていました。さらに、その中で優良顧客の率を引き上げられれば、ビジネスの拡大が可能だと考えたのです。とはいえマーケットには少ない層ですから、膨大なデータ量を持つYahoo! JAPANのデータを活用して、優良顧客となり得る潜在顧客層へリーチしたいと思っていました。その折に実証実験の話をいただいて、即決でした。

石井:実験のテーマは、「Yahoo! DMPを活用して抽出した見込み顧客層にアプローチすれば、優良顧客率が向上するか?」ということです。結果を先に申し上げると、既存手法で獲得した会員に比べてスカウトメールの受信率は1.4倍、一人当たりの受信数は2.4倍になり、優良顧客率は高まったといえます。

 われわれもYahoo! DMPの本格ローンチ前だったので(※2014年9月提供開始)、9月のアドテックでの発表を目指し、施策の策定から実行までを一気に行いました。

MZ:では、どのようなプロセスで展開したかをうかがえますか?

石井:具体的には、以下のプロセスで進行しました。

  • ビズリーチ様の優良顧客データをYahoo! DMPで蓄積・管理可能とさせる
  • Yahoo! JAPANのマルチビッグデータと掛け合わせ
  • 優良顧客(会員)になる可能性の高い行動を抽出
  • 作成したセグメントをYahoo!プレミアムDSPにセットし、潜在顧客層に広告配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 高島知子(タカシマトモコ)

     フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

  • 関口達朗(セキグチタツロウ)

    フリーカメラマン 1985年生まれ。 東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。大学卒業後、小学館スクウェア写真事業部入社。契約満期後、朝日新聞出版写真部にて 政治家、アーティストなどのポートレートを中心に、物イメージカットなどジャンルを問わず撮影。現在自然を愛するフリーカメラマンとして活動中。

関連リンク

バックナンバー

連載:ヤフーのキーマンとキーパーソンが語り合うマーケティング未来像

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5