MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Domo、ビジネス管理プラットフォーム主要機能を公開 視覚化で迅速な意思決定を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/04/10 09:00

 米国時間4月7日(火)〜9日(木)アメリカのユタ州ソルトレイクシティで、ビジネス管理プラットフォームを提供するDomoがサービスローンチイベント「Domopalooza」を開催中だ。ベールに包まれていたDomoプラットフォームの主要機能が明らかになった。

 クラウド型のビジネス管理プラットフォームを提供するDomo(ドーモ)は、同社にとって初めてとなるユーザー向けカンファレンスDomoPalooza(パルーザ)を開催している。その中で一部の顧客にしか明かされていなかった、Domoプラットフォームの主要機能が発表された。

 ポイントはビジネスデータの接続、準備、視覚化、コラボレーション、最適化を容易に行える点。IT部門に頼らずにビジネスユーザー自身の手でデータ・ドリブンなワークスタイルを実現するダッシュボードを構築することができ、その結果、迅速な意思決定が可能となる点だ。

 Domoプラットフォームを意思決定ツールとして使うためには、データの接続・連携(1-Click Apps)、準備(Magic)、視覚化(Card Builder)、エンゲージ、オプティマイズという5つのステップがあるが、今回はデータの接続・連携、準備、視覚化を支援する機能が紹介された。

データの接続・連携:1-Click Apps

 1-Click AppsではDomo独自のコネクタフレームワーク戦略の一環で、データソースへの接続と、ユーザーデータの統合プロセスを大きく簡略化できる。ユーザーはDomoの中で自分が選択したデータソース(Facebookのアナリティクス、Jira、Boxアナリティクス、Zendeskなど)のアイコンをクリックするだけで、それらのサービスのデータと連携することができる。今回のタイミングでは40の1-Click Appsが発表された。以降も順次追加されていく。

データの準備:Magic

 Magicでは従来は複雑であったETL処理(分析用データ準備のための抽出・加工・書き込みプロセス)を簡単に行うことができる。

Magicの管理画面
Magicの管理画面

データの視覚化:Card Builder

 Card Builderは、Domoが当初から提供していたデータ視覚化機能のセルフサービス版だ。ユーザーがCard Builderで視覚化したいデータセットを選ぶと、Card Builderは直ちにこれを分析し、そのデータの視覚化の推奨版を提示する。もちろん、ユーザー側でのカスタマイズも可能となる。

ダッシュボードイメージ
ダッシュボードイメージ

 データを活用するための前処理が容易にできる点もさることながら、Domoが最も力を入れている機能は視覚化だ。従来のオフィスソフトやビジネスインテリジェンスツールとは一線を画し、ビジネスユーザーにとって使いやすくわかりやすいインターフェイスを追求していくという。

 プレゼンテーションではiPhoneが消費者の体験を変えたことを引き合いに出し、Domoもエンタープライズアプリケーションを使うビジネスユーザーに新たな体験をもたらす考えであることが強調された。数字やグラフの羅列だけに終わっていた従来型のダッシュボードの概念を一新し、現代のビジネスサイクルに合わせたユーザーインターフェイスを日々のカイゼンで作りあげていく考えだ。

【関連記事】
SAS、オムニチャネルの意思決定基盤「Customer Intelligence」最新版を国内提供
デジタルインテリジェンス、意思決定を支援するマーケティングダッシュボード「ReasyPad」リリース
メタップス、人工知能を用いたアプリストアのパターン学習を通して、開発者の意思決定を支援
勘・経験・感性頼みの意思決定はもういらない? 売れるネット広告社、TVCM・新聞広告向けA/Bテストツールをリリース
すべての意思決定にサイエンスを! SAS主催「All Analytics Day」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5