MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

antenna*の広告ラインナップがリニューアル、マス広告の概念取り入れた商品を展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/03/01 11:30

 キュレーションマガジンantenna*の広告商品ラインナップが刷新された。今後は、特定の曜日・時間帯にテーマに合った広告を出稿できる「タイムスポンサー」と、出稿時期や出稿面を限定しない 「スポットスポンサー」の2ラインで販売が行われる。

 グライダーアソシエイツは、同社運営のキュレーションマガジンantenna*[アンテナ](以下、antenna*)の広告商品ラインナップを刷新した。

 これまで、antenna*は曜日と時間をベースとして生活者のリズムに合わせた「ジャストインタイム」のコンテンツ編成を実施してきた。しかし同社ではよりダイナミックな編成を実現するため、各曜日・時間ごとに明確なテーマを設け、それに即したコンテンツ選定を行うことを決めた。今回の広告ラインナップの刷新はこのコンテンツ改編に伴うもの。

 今後同社では、特定の曜日・時間帯に編成テーマに合った広告を定期的かつ継続的に1社独占して出稿できる「タイムスポンサー」と、出稿時期や出稿面を限定せずに出稿する 「スポットスポンサー」の2ラインにて販売していく。

 この2ラインは、テレビにおける「タイム広告」・「スポット広告」の概念を取り入れており、「タイム広告」の持つ自然な文脈でブランドのイメージを与えられるというメリットを、antenna*でも提供したいと考え、同社はこれらの概念を導入。将来的に同社では、「タイムスポンサー」の広告に接触したユーザー分析データを広告主に提供し、次のマーケティング施策に活かすことのできる取り組みも開始する予定。

【関連記事】
スマートニュース、グノシー、アンテナ等、利用率・利用継続率が最も高いのは?
antenna*、「ANAデジタルコンテンツサービス」と提携~ANAラウンジでコンテンツ配信を開始
「antenna*」のTVCM、駅広告、シネアドが一斉展開〜駅広告は36の多彩なクリエイティブを展開
ニールセン、デジタル広告ブランディング効果計測・最適化サービスに指標追加
電通とネットコンシェルジェ、Eコマース・ブランディング領域で連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5