MarkeZine(マーケジン)

記事種別

エイチームがTwitterをフル活用、事前登録25万人・認知率1.5倍を実現した施策のすべて

2016/11/28 08:00

 エイチームは、新作ゲームアプリ「ヴァルキリーコネクト」のプロモーションにおいて、新規獲得と認知獲得の二軸でTwitterを使い分け、大きな成果を出している。その取り組みとチャレンジができる秘訣を、同社の柴田健介氏と、Twitter Japanの瀬尾洋徳氏および、庄司智哉氏に取材した。

エイチームがTwitterをフル活用した理由とは?

 今回ご紹介する事例は、エイチームが2016年6月9日にリリースしたスマートフォンゲームアプリ「ヴァルキリーコネクト」のTwitterプロモーション施策だ。エイチームは同ゲームのプロモーション施策において、従来よりもTwitterに分配する予算を増やし、認知拡大と新規獲得の両軸で施策を展開した。

ヴァルキリーコネクト
 ヴァルキリーコネクト

 「ゲームアプリでのTwitter活用はもはや必須」と語るのは、同社のスマートフォンゲームアプリを展開するエンターテインメント事業において、マーケティング部門を統括する柴田氏だ。

株式会社エイチーム エンターテインメント事業本部 マネージャー 柴田 健介氏
株式会社エイチーム エンターテインメント事業本部 マネージャー 柴田 健介氏

 「これまでの実績で、Twitter経由の事前登録ユーザーは、長く遊んでくれて、課金率も良いなど、相性が良いことがわかりました。そこで、Twitterを中心に事前登録のプロモーションを実施した結果、合計で25万人の事前登録を実現しました。リリース後もApp Storeのセールスランキングで3位を獲得するなど好調な立ち上がりになりました。しかも、今回はインセンティブをあまり使わなかったので、施策として良い事例になったと思います」(柴田氏)

インフルエンサーの活用で、ゲームをしない層にアプローチ

 具体的に事前登録のためには、何を行ったのか。リリース前の5月20日頃から事前登録のために3種類の施策を行った。

  1. リツイートキャンペーン
  2. 動画の第三者ツイート
  3. プロモツイートによるweb誘導

リツイートキャンペーン

 公式アカウントのツイートをリツイートした利用者から抽選で、100名に1万円のアマゾンギフト券をプレゼントした。総額100万円というキャッチーさから、コア層以外にも広く拡散させることに成功した。なお、インセンティブを活用した施策はこのキャンペーンだけだという。

動画の第三者ツイート

 ゲーマーに人気のあるインフルエンサーと、メインターゲットターゲットである20代前半のユーザーに支持が多いインフルエンサーに、それぞれゲーム実況等の動画を作成してもらい、第三者ツイートを行うことで、ゲーム好きだけでなくインフルエンサーのファンである利用者へゲームの存在を知らしめた。

 ●第三者ツイート
 ユーザーに大きな影響力を持つインフルエンサーのツイートをプロモツイート(広告ツイート)として配信するサービス。通常のツイートはフォロワーにしか配信されないが、このツイートは、アカウントのフォロワー以外にも、ターゲティングした任意のアカウントに配信することができる。もちろん、第三者ツイート配信がされたツイートには「プロモーション」表記が入る。

 ★その他の第三者ツイート配信の事例記事はこちら。King Japan×エウレカエイチーム

プロモツイートによるweb誘導

 Twitterのwebサイト誘導を目的としたプロモツイートを使い、アプリの事前登録サイトに直接誘導した。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5