[18号] サブエリアの月別滞在者数【インテージ 生活者の「今」を知る】

モバイル位置情報 生活行動を読み取る新しい“地図”

  鎌倉の紫陽花は6月上旬から7月上旬が見頃とされる。特に最盛期の6月中・下旬には、明月院や長谷寺などの名所には開門前から行列ができ、1~2時間待ちは当たり前の盛況ぶりだ。これを地区(観光スポット)で細分化してみると、鎌倉の中でも紫陽花の名所として有名な北鎌倉・長谷エリアで、6月の増加量が特に大きいことがわかる。

ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。