[5号] マーケターのレベルと考えるべき領域の関係【Feature】

AIをマーケティングに活かすためのMarkeZine誌上講義

 マーケターがAIを活かすといっても、その人の立場によって考える範囲は大きく異なる。現場レベル(オペレーション)、管理職レベル(戦術)、CMOレベル(戦略)の3段階別に、「テクノロジーの世界」と「ビジネスの世界」でそれぞれ考えるべきことを図式化した。

ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。