[5号] マーケターのレベルと考えるべき領域の関係(現場レベル)【Feature】

AIをマーケティングに活かすためのMarkeZine誌上講義

 マーケターがAIを活かすといっても、その人の立場によって考える範囲は大きく異なる。現場レベル(オペレーション)では、自社や部門において直近で解決したい課題を明らかにし、適切なソリューションを導入することが求められる。

ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。