MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

iPadの“スクリーンショット”機能を応用したaudiスポーツクーペの斬新なデジタル広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載。みなさん、iPadで「スクリーンショット」を撮ったことありますか?この機能を使ったちょっと面白いデジタル広告を紹介します。毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2013年
  • 国名:ブラジル
  • ブランド:audi
  • 業種:自動車

iPadでスクリーンショットを撮ることが広告になる

 ドイツ自動車メーカー・アウディによる、同社ラインナップの中で最もスピードが出るスポーツクーペ「audi R8」を訴求するためのiPadを活用したデジタル広告。その名も、“Screenshot AD”。

 電子雑誌のあるページに出稿された今回のデジタル広告。iPadで右から左にページをスライドさせていくと、殺風景な高速道路が写ったページにたどり着きます。

 すると、ポップアップで「audi R8を見てみたいですか? iPadのホームボタンとスリープボタンを一緒に押してR8の写真を撮影してみてください」と表示されます。

 ※iPadやiPhoneではホームボタンとスリープボタンを同時に押すと、スクリーンショットが撮れる機能がありますが、今回の施策ではその特性を活かした仕様です。

 右下のボタンを押すと撮影タイムがスタート。

 画面の左から猛スピードでaudi R8が疾走してきますので、“ココだ”と思ったタイミングでホームボタンとスリープボタンを一緒に押してスクリーンショットを行います。

 うまく車体をスクリーンショットできなかったと思ったら、右下に表示される「Try again」のボタンで再度挑戦ができます。

 これを何度か繰り返すと、ポップアップで「audi R8がちゃんと撮影できたかどうか、フォトアルバムでチェックして見て!」と表示されます。

 実際に自分のフォトアルバムをのぞいてみると、スクリーンショットした瞬間の画像を確認できます。

 しっかりと車体が写っていなかったスクリーンショットには、“You need to practice more. Try again.”というテキストが表示されています。

 見事車体がフルに写っているタイミングでスクリーンショットされた写真の上部には、“New Audi R8. Audi’s design and technology, at 320km/h”と表示されているという仕掛けが施されていました。

 お気づきかもしれませんが、この企画で何が凄いかというと、「audi R8の広告イメージを、一度見て終わらせるのではなく、ユーザーのフォトアルバムに残せる」という点ですね。iPadの特性を活かした秀逸なインタラクティブ広告でした。

 iPadを活用した広告に関心のある方は下記記事もご覧ください。

動画はコチラ

参考サイト

Ads Of The World

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載: 「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5