MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ニュースアプリの認知度・利用率は「LINE NEWS」が首位【リビジェン調べ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/04/11 14:30

 スマートフォンを活用した、マーケティングリサーチを展開するリビジェンが、ニュースアプリと記事広告についての調査を実施した。

 リビジェンは、全国の10代~30代の男女500人を対象に、記事広告についての調査を実施した。

 調査の結果、ニュースアプリの認知度は、「Gunosy」は18.4%、「Antenna」は13.6%、「SmartNews」は15%、「Flipboard」は4.4%、「LINE NEWS」は33.4%、「NewsPicks」は1.8%、「このなかにはない」は46.2%という結果になった。一方、利用率は「Gunosy」は5.8%、「Antenna」は3%、「SmartNews」は8.4%、「Flipboard」は1.6%、「LINE NEWS」は10%、「NewsPicks」は0.4%、「このなかにはない」は74.8%と、認知度よりもさらに低いことがわかった。

 また、記事風の広告(編集記事ではない記事広告・PR記事)については、「面白かったりタメになるものであれば構わない」と「好ましくない」はほぼ半分に意見が分かれたれる結果が出た。また、全体の54.5%が記事風の広告か判別をしておらず、54.2%が広告だと気付いて不快を感じた経験があると回答。

 不快の理由は「騙された気分になる」「内容に信憑性が持てず、読んだ時間が無駄になる」など。「普通に広告をすればいい」といった声も上がっている。このような背景があるからか、記事風の広告で紹介される商品を購入したことある割合は、6%にとどまった。

  • 【調査概要】
  • 調査手法:スマートフォンを使用したインターネット調査
  • 調査対象:全国の10代~30代の一般男女
  • 有効回答数:500サンプル
  • 調査期間:2014年4月9日
  • 調査地域:全国

【関連記事】
はてな、ソーシャルニュースアプリ「Presso by はてなブックマーク」をiPhone向けに公開
マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」
定期的に利用しているタブレット端末アプリTOP3は「動画、天気、SNS」【MMD研究所調べ】
タブレット端末、年齢が高くなるほど所有割合が高いという結果に【エルネット調べ】
「ブランド・ジャパン2013」結果発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5