MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「ソーシャルメディア、使ったらこうなった」
米国テレビ局のソーシャルテレビ最新活用事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/04/24 08:00

 3月25日~27日の3日間、米国 ユタ州 ソルトレイクシティで開催された「Adobe Digital Marketing Summit 2014」。今回は「テレビのソーシャルメディア活用」をテーマに、CBSをはじめとしたテレビ局や、制作会社の事例を紹介した講演(原題は「Beyond the hashtag How social TV drives real business results」)についてレポートする。

ソーシャルテレビへの取り組み、Twitterが一歩リード

 このセッションは、Adobe社のフリードマン氏を司会に、米国のケーブルテレビチャンネル「BET(Black Entertainment Television)よりソーシャルメディアのシニアディレクターであるレスピナス氏、コンテンツ制作会社「Scripps Networksよりメディアディレクターのチャド氏、米国最大のテレビ・ラジオ・ネットワークCBSの番組「CBS Local」のシニア・バイスプレジデントのワイナー氏が事例を語るというもの。

左から「CBS Local」ワイナー氏、「Scripps Networks」チャド氏、「BET」レスピナス氏、「Adobe」フリードマン氏
左から「CBS Local」ワイナー氏、「Scripps Networks」チャド氏、「BET」レスピナス氏、「Adobe」フリードマン氏

 セッションの冒頭、フリードマン氏が議論を始める上で必要な言葉の定義と、主要なソーシャルメディアの取り組みについて語った。同氏は「ソーシャルテレビ」と「セカンドスクリーン」について次のようにまとめる。

 ソーシャルテレビ
 番組の内容に関連するコミュニケーションや、ソーシャルメディア上での相互作用のこと

 セカンドスクリーン
 あるデバイスでの視聴体験を、別デバイスの利用で拡大させ、新しい観点を与えること
 例:テレビ番組を見ながら、タブレットから投票が行える

 米国では2013年時点で、44%の人がテレビを見ながらセカンドデバイスを利用している。そのなかで、ソーシャルメディアの発言は大きな割合を占めているようだ。代表的な発信先はTwitterおよびFacebook。もちろん、TwitterやFacebook側もユーザーの投稿について分析などを行えるように対応しつつある。そして、この競争は現時点では、Twitterの方が優位といえる。例えばTwitterのデータは、テレビ番組の視聴率や評価を行なう、ニールセンのテレビレイティングの仕組みに公式導入されている。また、同社の「SocialGuide」でも利用されている。

SocialGuide
SocialGuide

 SocialGuideには、その日、最も人気があった5つの番組が表示される。そして、各番組の「該当番組やシリーズについてつぶやいたことがある人数の累計」、「関連するつぶやきが閲覧された回数」、「該当番組についてつぶやいている人数」、「つぶやき数」がわかるようになっている。Twitterは他にも、テレビのトレンドを見るための仕組みを用意したり、分析を手助けするために「Trendrr」や、「Blue Fin Labs」などを買収している。

 さらに、2013年11月からはケーブルテレビ会社「Comcast」と連携してSeeIt」というサービスを提供している。これは、Twitter上で該当する番組に関するつぶやきがあると、「SeeIt」というボタンが表示される。そのボタンを押すと、番組をリアルタイムで見たり、録画できるというもの。

 

SeeIt
SeeIt

 一方Facebookは、このあたりの動きがまだ少ない。しかし、新しい試みをいくつか開始している。その代表的なものが「Public Feed」と「Keyword Insights」だ。「Public Feed」は、特定のワードを含んだFacebookの公開投稿をリアルタイムで表示する。「Keyword Insights」は、直近12日間にFacebookで話題になったキーワードに関する投稿数や、投稿したユーザーの属性情報が表示されるというもの。現在、これらの機能は一部のテレビ会社や調査会社のみに提供されている。※著者註 詳細はこちら(英文)からご確認いただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:これからのマーケティングどうする?「Adobe Digital Marketing Summit 2014」

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5