「調査」に関連する記事一覧

61~80件(全394件)
  • スマートフォン広告市場規模(広告商品別)2014~2020年【Feature】

    二桁成長を続けるスマホ広告市場が向かう未来  スマートフォン広告市場動向調査結果の概略。2015年スマートフォン広告市場規模は、前年比の123.6%となる3,717億円規模と推計。昨年から引き続き、二桁の順調な成長を見せている。

    2016/06/25
  • リエンゲージメントディスプレイ広告市場規模予測2015~2020年【Feature】

    二桁成長を続けるスマホ広告市場が向かう未来  商品ごとに見ると、2015年のスマートフォン広告市場はどのような傾向が見られたか。昨年特に顕著な伸びが見られたのが、リエンゲージメント分野。2020年にはリエンゲージメントディスプレイ広告の市場規模が350億円まで成長すると予想。

    2016/06/25
  • 正解探し形式の質問方法【データで読み解く】

    目に留まるバナー広告の要素とは  ぱっと見たときに記憶に残るバナー広告の要素を検証するために、図の方法で調査を行った。

    2016/06/25
  • 正解画像とダミー画像【データで読み解く】

    目に留まるバナー広告の要素とは  正解探し形式の質問は回答慣れが強いバイアスになるため、回答者をランダムに三つのグループに分け、「ロゴ」「テキスト」「商品画像」のそれぞれを強調したバナー広告の質問のうち、1問だけに回答するように制限した。提示した画像は図の通り。

    2016/06/25
  • 一対比較調査法の分析結果【データで読み解く】

    目に留まるバナー広告の要素とは  目に付く画像の要素を検証した。「人物」「動物」「商品画像」「商品を連想させる画像」「風景画像」という五つの要素のバナー広告について、一対比較評価法という分析手法を用いて検証を行った。結果は、「動物」のバナー広告がトップ。次いで「人物」が挙がり、以下は少し差がひらいて「商品画像」「商品を連想させる画像」「風景画像」となっている。

    2016/06/25
  • アドテクノロジーについての認識【idea Lab.】

    アドテクノロジー市場の課題は「人材確保」  業界関係者460名に対して行ったアンケートから、アドテクノロジーへの認識が多岐に渡っているっことが明らかになった。 【調査概要】 調査目的:デジタル広告市場の成長領域の動向や構造、業界関係者の見解を俯瞰して把握すること 調査主体:MarkeZine編集部/デジタルインファクト(シード・プランニング) 調査対象:MarkeZine会員 調査数:460名 調査期間:2015年1月中旬~2月中旬

    2016/06/25
  • アドテクノロジーが及ぼす影響【idea Lab.】

    アドテクノロジー市場の課題は「人材確保」  業界関係者460名に対して、アドテクノロジーの普及が業界に及ぼす影響をたずねたところ、「サービスを差別化できた事業者だけが恩恵を受ける」(33.7%)という見解が最多となった。 【調査概要】 調査目的:デジタル広告市場の成長領域の動向や構造、業界関係者の見解を俯瞰して把握すること 調査主体:MarkeZine編集部/デジタルインファクト(シード・プランニング) 調査対象:MarkeZine会員 調査数:460名...

    2016/06/25
  • アドテクノロジーのキーワード整理【idea Lab.】

    アドテクノロジー市場の課題は「人材確保」  アドテクノロジーにまつわるキーワード「DSP」「RTB」「SSP」「DMP」「MA」を整理した。

    2016/06/25
  • データの種類【ヤフーのデータが語る】

    データの価値は“ゴールの説明力”で決まる  「データ」と言っても、その内容は多種多様。たとえばユーザーに紐付く性別、年齢、居住地域などの構造化された属性データや、検索ログ、閲覧ログ、広告クリックログなどの半構造化された行動データ、画像やビデオなどの非構造化データなどがある。

    2016/07/25
  • YDNのターゲティング商品ごとの平均入札価格【ヤフーのデータが語る】

    データの価値は“ゴールの説明力”で決まる  Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)のターゲティング商品の平均入札価格のグ ラフ。グラフからは、サイトリターゲティングが一番高く、次に地域ターゲティング、サーチターゲティング、年齢ターゲティング、最後に性別ターゲティングとなっていることがわかる。

    2016/07/25
  • 事業者ごとの各種データによる説明精度【ヤフーのデータが語る】

    データの価値は“ゴールの説明力”で決まる  それぞれのデータでユーザー単価を説明したときの精度をグラフ化。ALLはすべてのデータを利用して分析した結果で、その説明精度を100% としている。結果が示すように、それぞれの事業者にとって、説明精度(予測精度)の向上に寄与するデータの種類が異なることがわかる。

    2016/07/25
  • 理解からアクションへ【ヤフーのデータが語る】

    データの価値は“ゴールの説明力”で決まる  事業者にとっては、どのようなデータが重要であるかを理解して終わりでは意味がない。そこから、どのようなアクションを起こせるかが最も重要。

    2016/07/25
  • 勘と経験以上のことがデータで可視化できる【ヤフーのデータが語る】

    データの価値は“ゴールの説明力”で決まる  マーケティングにおけるビッグデータ活用の貢献は「データによって理解可能になったもの」と「勘や経験」との差が広がれば広がるほど、大きくなると考えられる。

    2016/07/25
  • ネット検索でよく使うサービスは?【データで読み解く】

    変わる検索~若者世代の検索行動変化~  「ネット検索でよく使うサービスは?」として複数回答で聴取したもの。

    2016/07/25
  • どのようなシーンでワード検索とTwitter 検索を使っているか?【データで読み解く】

    変わる検索~若者世代の検索行動変化~  「どのようなシーンでワード検索とTwitter検索を使っているか?」を複数回答で聴取したもの。

    2016/07/25
  • ワード検索とTwitter 検索、それぞれどのようなイメージを持っているか?【データで読み解く】

    変わる検索~若者世代の検索行動変化~  10代の利用者に対し、「ワード検索とTwitter検索、それぞれどのようなイメージを持っているか?」として複数回答で聴取した。

    2016/07/25
  • この1年間に使いはじめたサービスは?【データで読み解く】

    変わる検索~若者世代の検索行動変化~  「ポストTwitter」として支持されるものはなんだろう。「この1年間に使いはじめたサービスは?」として複数回答で聴取したもの。

    2016/07/25
  • それぞれの広告に対してどのようなイメージを持っているか?【データで読み解く】

    変わる検索~若者世代の検索行動変化~  検索においては「面白さ」と「情報の鮮度」の時代が来つつあると語ったが、デジタル広告のほうはどうだろう。「それぞれの広告に対してどのようなイメージを持っているか?」として複数回答で聴取したもの。

    2016/07/25
  • KPIのツリー構造【ヤフーのデータが語る】

    検索連動型広告におけるKPI モニタリングのシンプルさと複雑さ  検索連動型広告のKPI モニタリングは、複数のKPI をKGI(KeyGoal Indicator:重要目標達成指標)を頂点とするシンプルなツリー構造で表現することにより、どこに変化があったのかが瞬時に把握できるように なっている。

    2016/08/25
  • RPS分解式【ヤフーのデータが語る】

    検索連動型広告におけるKPI モニタリングのシンプルさと複雑さ  KGIである売上は検索数とRPS(Revenue per Search:検索1回あたりの売上)に分解される。つまり、検索数とRPSを掛け合わせると売上になる。検索数はネットユーザーの行動(検索)を表現する指標で、RPS は検索連動型広告の配信アルゴリズムのパフォーマンスを表す指標である。次に、RPSはCPC(Cost Per Click:クリック単価) とClick Yield(クリックイールド:1検索あたりのクリック数)に分解...

    2016/08/25
61~80件(全394件)