MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

フェイスブック利用、40代が中心
「暇つぶし」より「コミュニケーション・情報収集」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/02/13 11:55

 ニフティとコムニコが行った調査によると、フェイスブック利用者のうち、40代のユーザーの積極的な利用が明らかになった。

 ニフティとコムニコが行った調査で、40代を中心に「Facebook」が利用されていることが明らかになった。年代ごとの「Facebook」利用者の出現率は45~49歳がピークで、40代を中心に利用されている。

各年代の「Facebook」利用者出現率比較(N=11,533)
各年代の「Facebook」利用者出現率比較(N=11,533)

 フェイスブックの閲覧・投稿の動機は、20~40代では「リアルな友人とのコミュニケーション」が7割以上となっている。また、年代が高いほど「暇つぶし」の割合が低くなり、「ネット上の知り合いとのコミュニケーション」の割合が高くなる結果となった。

 また、40代を中心に企業・ブランドが開設しているFacebookページのファンになっている人が多く、商品・サービスへの情報収集を目的に活用している。

各年代の「Facebook」上でファンになっている企業・ブランドページの数(N=11,533)
各年代の「Facebook」上でファンになっている企業・ブランドページの数(N=11,533)

【調査概要】
 調査対象:@niftyのインターネット接続サービス利用者
有効回答数:11,533人(全回答者の内「Facebook」を利用している20歳以上の男女) 
調査期間:2012年1月6日(金)~1月16日(月) 
調査方法:インターネットによるアンケート調査

【関連記事】
アップル、グーグル、フェイスブックの2011年の売上比較
フェイスブックのクチコミの信用度は、「リアルなクチコミ」に次いで2位
 「全日本小学校ホームページ大賞」は、フェイスブックにも対応した「土堂小学校」
Facebookを中心とした「ソーシャルコマースNow」
ツイッターの「トレンド」機能、新たに6都市に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5