MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

市場動向、プレイヤー状況、配信フォーマット… 急伸する動画広告領域へ飛び込む前に知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/05/30 08:00

 今、広告業界で再び注目を集める動画広告。アドテクノロジーと結びついた新しい動画広告のスタイルは日本市場で定着するのか。現在の市場動向やプレイヤー、日米での違いなど動画広告に関する基本的な知識から最新の活用事例を紹介していきます。

動画広告は大きくわけて2つのフォーマットがある

 2013年から2014年にかけて、アドテクノロジーと結びついた形での動画広告に関する話題が様々な場所で取り沙汰されています。これまで何度か広告業界の注目を集めながらも市場に定着してこなかった動画広告ですが、昨年より再び注目を集め市場が急拡大傾向にあります。

 本連載では、その要因を様々な角度より解説していきますが、既に日本でも動画広告を活用した新たな事例が生まれています。連載の後半では具体的な事例もを紹介しながら動画広告の価値に迫っていきます。まず、動画広告の市場規模や構造的な部分から把握していきましょう。

 主な動画広告のタイプは、YouTubeなどの動画共有サイトに動画コンテンツを掲載するコンテンツタイプと、15秒、30秒などのテレビCM等で使用する形式を使用したCMタイプの動画広告と大きく2種類にわけることができます。

日米の動画広告市場規模

 まずはCMタイプの動画広告について市場規模や業界構造を整理していきましょう。以下はeMarketerの調査によるアメリカオンライン動画広告の市場予測です。

 2011年の20億ドル (約2000億円)からスタートし、2013年は41.4億ドル (約4,140億円)、2017年には90.6億ドル(9,600億円)と市場が急拡大する予測となっています。

アメリカの動画広告市場規模、ユーザー規模予測(2013年 3月 eMarketer調べ
アメリカの動画広告市場規模、ユーザー規模予測(2013年 3月 eMarketer調べ)

 次に日本市場の予測です。以下は、2014年3月に調査会社のシードプランニングが発表した日本の動画広告市場の規模予測です。

出典:2014年3月シードプランニング調べ

 2013年時点で132億円、2017年では640億円と市場規模の急拡大が予想されています。しかし、そもそものインターネット広告市場規模が日米で違うとはいえ、市場規模で約30倍の開きがあります。なぜこれほどまで差が開いてしまっているか。ここには様々な要因がありますが、それについては後ほど解説します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 山本章悟(ヤマモトショウゴ)

    株式会社オム二バス 代表取締役CEO2008年8月(株)オムニバスを設立。オムニバスではアドエクスチェンジ、オーディエンスターゲティング等、最先端のアドテクノロジーを使ったサービスを展開。アドネットワーク型媒体の「Omnibus Network」オーディエンスターゲティングネットワークの「Omnib...

バックナンバー

連載:動画広告ことはじめ

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5