MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

動画視聴の主流は「無料動画をPCで」/オンラインショッピング10代はスマホから【ニールセン調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/10/28 09:00

 ニールセンは、マルチスクリーンの利用状況を分析した。その結果、商品やサービスの閲覧、購入ともにオンラインショッピングはパソコンからの利用が主流だが、若年層ではスマートフォンからの購入が主流であること等がわかった。

 ニールセンは、消費者のマルチスクリーン利用動向調査「Nielsen Digital Consumer Database 2015」をもとに、マルチスクリーンの利用状況を分析し、結果を発表した。

スクリーンによって利用目的は異なる

 各デバイスの利用目的を見ると、パソコンでは1位と2位が「必要な知識・情報を得るため」、「新しい知識・情報や面白い情報を得るため」という情報の取得となり、3位、4位には「商品やサービスを購入するため」、「買い物に関する情報を得るため」というショッピングに関連した利用、5位はエンターテイメントを楽しむための利用となっていた。

各デバイスの利用目的TOP5
各デバイスの利用目的TOP5

 一方、スマートフォンでは家族や友人とのコミュニケーション、移動の際のナビゲーション、空いた時間を埋める、そして写真や動画を撮影するために利用されており、各スクリーンでの利用目的が異なっていることがわかった。

10代はショッピングもスマホ

 ショッピングでパソコンとスマートフォンの利用状況をみると、閲覧、購入ともに最も利用されるのはパソコンで、60%弱利用されている。一方、スマートフォンは全体では35%となった。

オンラインショッピングで利用するデバイス
オンラインショッピングで利用するデバイス

 年代別に、購入の際に利用するデバイスをみると、若年層はスマートフォンの利用比率が高く、逆に50代以上では80%以上がパソコンで買い物をするという結果になった。

年代別オンラインショッピングで購入する際に利用するデバイス
年代別オンラインショッピングで購入する際に利用するデバイス

動画視聴の主流は「無料動画をパソコンで」

 最後に動画関連の利用状況を見ると、最も利用率が高かったのは無料動画となり、有料動画の利用は視聴コンテンツごとに支払うPPV(Pay Per View)、および月額で一定料金を支払うSVOD(Subscription based Video On Demand)とも10%以下と低くなっていた。

 視聴に最も利用されているスクリーンはパソコンで、長尺なコンテンツの多い有料動画のほうが無料動画よりパソコンとスマートフォンの利用率に差がみられた。また、SVODではほかの動画サービスと比べ、セットトップボックスからの利用が多いことが特徴となっている。

各動画サービスの利用率、および利用デバイス
各動画サービスの利用率、および利用デバイス

 【調査概要】
 調査期間:2015年9月29日~10月1日
 調査対象:日本全国の高校生以上の男女、計2,758人

【関連記事】
2015年、動画広告市場は500億円規模へ~昨年対比約160%【サイバーエージェント調査】
iPhoneとAndroid、女性に人気があるのは?年代別で差が【エイチームライフスタイル調査】
定額制動画配信サービス、利用率高いのは20~30代の男性【インプレス、NTTコムリサーチ調査】
広告に違和感ないインスタ/企業アカウントが最もフォローされるLINE【ジャストシステム調査】
6割以上は「3ヶ月以上未使用」なアプリを削除対象に【ジャストシステム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5