MarkeZine(マーケジン)

記事種別

創業70周年の老舗広告代理店「I&S BBDO」、国内外で支持される理由に迫る

2017/08/07 08:00

 2017年6月に創業70周年を迎え、国内外のナショナルクライアントを中心に信頼される大手外資系広告代理店、I&S BBDO。BBDO Worldwideとしては、6月に行われたカンヌクリエイティブをはじめ、世界的な広告祭で毎年数々の受賞を誇る。様々な企業や組織に常に信頼を寄せられる理由とは? クリエイティビティに溢れるマーケティング支援業務のあり方を中心に、自社メディアの開設や今後の展望を含めて、広報の阿久澤騰氏に話をうかがった。

世界的な広告賞で受賞を続ける凄み

 2017年6月、フランス・カンヌで開催されたカンヌクリエイティブにおいて、名だたる世界的な広告代理店ネットワークを押さえてAgency Network Of The Year(1年で最も優れた広告代理店ネットワーク)に選出されたのが、BBDO Worldwide。I&S BBDOは、そのネットワークの一員として日本に拠点を置く外資系広告代理店である。

株式会社I&S BBDO 広報 PRマネージャー 阿久澤騰氏
株式会社I&S BBDO 広報 PRマネージャー 阿久澤騰氏

 同社は、戦後間もない1947年6月に設立された、創業70年という老舗企業だ。第一広告社という名前でスタートした後、1986年にI&Sと社名変更。さらに1998年にはオムニコグループとの資本提携、並びに米国・ニューヨークに本部があるBBDO Worldwideとの業務提携を経て、現在のI&S BBDOとなる。

 「I&S BBDOは、日本で培ってきた広告やマーケティングに関する知見と、グローバルから得ている知見をあわせて、クライアントの広告やマーケティング、PR活動を支援しています。加えて、テレビCMやデジタルのメディアバイイングも行っていて、広告・マーケティング施策の企画・製作から枠の提案まで総合的なクライアントニーズに応えることができる体制を整えています」(阿久澤氏)

 ちなみに「BBDO」は、1928年にニューヨークで誕生した広告会社で、創業者4人の頭文字から取ったのが名前の由来。現在はBBDO Worldwideとして、世界81カ国、289拠点に、1万5,000人を超えるスタッフが従事し、全世界でネットワークを形成している。

 今年の7月20日にはI&S BBDO設立70周年感謝の集いを開催。花王の代表取締役、社長執行役員の澤田道隆氏や読売新聞グループ本社代表取締会長である白石興二郎氏の祝辞をはじめ、多くの広告主やメディア・パートナーとともに設立70年を祝った。

パーティー時の写真
設立70周年感謝の集い時の写真(撮影:編集部)

企画性に富んだクリエイティブで勝負

 最近のI&S BBDOの広告・マーケティング事例を見ても、企画性が高く、高品質なクリエイティブが目に入る。たとえば「東池袋52」。カード会社のクレディセゾンによるプロモーション施策で、実際の社員がアイドルグループ「東池袋52」として活動するというもの。選りすぐりのクリエイターをスタッフに招きデビュー曲「わたしセゾン」とそのPVを制作すると、企画性の高さや本気の作り込みが伝わるPVとして各メディアや各種SNSで話題化し、広く拡散された。

 他にも、国内大手食品メーカーのテレビCMや、「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」「スーパーサラリーマン左江内氏」「ボク、運命の人です。」といった日本テレビ系列のドラマのプロモーションなどをはじめ、硬軟織り交ぜた各種の施策を手がけている。

 「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」のPRプロモーション施策として行った「地味にスゴイ!番宣」に関しては、ジェイアール東日本企画の主催する「交通広告グランプリ2017」において「企画部門・優秀作品賞」を受賞している。

 I&S BBDOグループは、I&S BBDOを筆頭に、2社のグループ会社、BBDO J WESTとBBDO JAPANの3社から成り立っている。

 「I&S BBDOは東京本社に加え、全国に5つの拠点を持ちます。グループ会社のうち、J WESTは福岡・博多に本社を置き、沖縄から広島まで西日本の各地域に根ざした活動を行っています。JAPANはグローバル企業が日本市場でビジネス展開する際の広告、マーケティング活動を支援する位置付けです。

 国内で展開するこれら3社のことを、グループ内では日本市場における“3本の矢”と位置づけ、社内リソースや社内連携を活かしながら、他社とは一線を画するマーケティングやメディアバイイング支援を行っています」(阿久澤氏)

 世界的には知名度の高いBBDO Worldwideのネットワークだが、これまでの日本における知名度はまだそこまで、という状況だった。しかし、近年は認知浸透の成果が見られている。たとえばJ WESTは、地元密着とユニークな施策実績を重ね、新卒・既卒学生のための就職情報サイトを運営するキャリタスの調査によれば、2018年九州・沖縄地方人気企業ランキングにて全体で53位、広告代理店の中では1位に選ばれている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5