MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Google AdWords キーワードツールだけに頼らない
複数ツールを併用してキーワード戦略の精度UP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2010/04/13 11:00

 オーバーチュア(現ヤフー)が提供していたキーワードアドバイスツールがサポート終了となってから、Google AdWords キーワードツールへの依存度が高くなっている方も多いのではないだろうか。ただ、グーグルのツールではヤフーユーザーの動向が追えず、細かい複合ワードを把握できないといった欠点もある。クロスリスティング提供のキーワードウォッチャー、FerretPLUSなどのツールを併用しながら、キーワードマーケティングの精度を上げる術を探っていこう。【バックナンバー】

グーグルな人、ヤフーな人。検索動向も当然違う

 ヤフーユーザーの動向を知るための「キーワードアドバイスツール」、グーグルユーザーの動向を知るための「Google AdWords キーワードツール」と、大手検索エンジン2社の検索数を知るための定番ツールがそろっていたのも今は昔。「キーワードアドバイスツール」のサポート終了となって以来、グーグルのツールだけに頼るマーケターの数も増えたのではないだろうか。

 ただ、グーグル側の検索動向だけを見てWeb戦略を考えてしまうのは危険かもしれない。ネットレイティングスのレポートによると、主要検索エンジン9社の検索数のうち、グーグルが占める割合は38.1%。ヤフーの52.5%という数字は絶対に無視できない。

 ヤフーとグーグルでユーザー属性は違っている。Eストアーが「グーグルな人ヤフーな人」という調査を何度か実施しているが、ほかの調査結果なども踏まえて両者のユーザー像をざっくり一言でまとめてしまうと、ITリテラシーが高くてインターネットに慣れているヘビーなグーグルユーザーに対して、よりライトなヤフーユーザー。当然その検索動向も違ってくる。

 例えば、「通販」でグーグルの検索数を調べると次の通りになる。【注】

【注】本記事で触れている各サービスの検索数は2010年3月22日時点の結果となるため、現在の検索数と一致しない場合があります。

 グーグルから「通販」で検索してみると、検索結果画面にはほかの検索候補として「ユニクロ 通販」「ヤマダ電機 通販」「ニトリ 通販」などが挙げられている。相当の検索数があるのだろうが、リストにはどれも含まれていない。

 同様にヤフーでも「通販」で検索してみると、「通販生活」「通販 ファッション」「無印良品 通販」などが検索候補として表示される。必ずしも検索数の上位から表示されているわけではないだろうが、関連検索ワードとして掲載されるワードと検索数には、ある程度の相関関係はあるはずだ。

 ヤフーの正確な検索数を知るところまで行かなくても、推測するための術は無いのだろうか。また、このようなブランド名の検索数まで把握していくためにはどうすればよいのだろう。代替案として提案したいのが、クロスリスティング提供のキーワードウォッチャーやFerretPLUS(フェレットプラス)など、ほかの検索数を調査するツールを併用するという手だ。

【参考情報】

競合ひしめく中でWebビジネスを成功させたいのであれば、キーワード調査、リスティング広告、ディレクトリ登録という3つの要素は外せません。クロスリスティングでは、これらの3つのサービスをトータルで提供しておりますので興味のある方はぜひサイトをご覧ください。「キーワードウォッチャー」「レモーラリスティング」「クロスレコメンド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

    ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

関連リンク

バックナンバー

連載:“キーワード思考”でWebビジネスを成功に導く!

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5