MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

法人の持ち出し用ノートパソコンのウェブアクセスログも取得しているシステム管理者は少数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/06/13 11:00

 ネットスターは12日、ノートパソコンやスマートデバイスなど、社員が持ち出して使う機器のウェブアクセス内容の把握などについての調査結果を発表した。

 ネットスターが実施した第9回「組織でのインターネット管理実態調査」では、URLフィルタリングを利用しているシステム管理者618人を対象に行われた。

 その結果、4割以上のシステム管理者が「すべての機器のウェブアクセス内容の把握」を要望しているが、持ち出し機器のログを取得している法人は少ないことが明らかになった。

 5割前後の法人が、主に「職場内ネットワークを利用しているパソコン」のウェブアクセスログを取得しているが、システム管理者が「内容を把握したい」と考えるログは「職場内の機器」のほか、「すべての機器」「持ち出し機器」が上位となっている。しかし、実際にスマートデバイスなどのパソコン以外の機器や「職場外ネットワークを利用している機器」のログを取得している法人は少数となっており、持ち出し機器まで手がまわっていないことが明らかになった。

 また、管理者の8割以上が「アクセスしたサイトのURL」のログを取得しているが、分析している割合は「定期的」が3割、「一時的」が1割に留まっている。また、6割の法人が「フィルタリング提供会社のレポートツール」を利用するも、これだけですべての内容を把握することは難しいとしている。

【調査概要】
第9回「組織でのインターネット管理実態調査」
本調査は、ネットスターが株式会社マクロミルに委託して、2012年4月27日~2012年5月8日にウェブアンケート方式で実施。対象者はURLフィルタリング製品・サービスを利用しているシステム管理者618人で、有効回答数は618件。

【関連記事】
自分の違法行為、職場の機密情報を「投稿できる」ソーシャルメディア炎上予備軍の存在
Facebook、セキュリティ製品の半年分のライセンスを無料提供するページを公開
70%以上の企業人事が「いいね!」を押している学生を確認
リーチローカル、電話がビジネスに直結する中小企業向けにO2Oソリューション「ReachSearch」
GoogleアナリティクスからWEB訪問企業を抽出する「企業ログ解析データベースAPI」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5