MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

小学館がデータ解析ソリューション「Adobe Analytics」採用~電子雑誌の分析をより高度に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/07/10 09:00

 小学館が、Adobe Marketing Cloudのデータ解析ソリューション「Adobe Analytics」を採用した。電子雑誌の閲覧傾向の分析をさらに深めるとともに、コンテンツを横断した分析を行い、記事や広告の最適化を検証していく。

 小学館は、女性ファッション誌を含む12誌の電子雑誌の閲覧傾向を分析するため、アドビシステムズが提供するAdobe Marketing Cloudのデータ解析ソリューション「Adobe Analytics」を採用した。これにより、読者の記事や広告の閲覧状況、平均滞在時間、アプリのダウンロード数などをリアルタイムで収集、解析、効果測定し、記事のコンテンツや広告の最適化を検証していくことが可能となる。

 同社はDPSを導入し、2013年9月より電子雑誌の制作・配信を行うと共に、同ソリューションの解析機能を使って、読者層ごとの閲覧状況の分析や電子雑誌の体験促進のために活用してきた。その取り組みの中で、閲覧状況に関するより高度なデータ解析へのニーズが高まったことで、今回の採用に至った。

 コンテンツごとのデータ可視化、読者の離脱分析、モバイルアプリの分析、モバイルアプリ内のコンバージョン分析、動画分析など様々な分析を行うことができるため、これらのデータ解析を通じて電子雑誌の閲覧体験をさらに高められるようになる。また、これまで個々の電子雑誌の特集ごとに分析をしてきたが、今回の導入により、複数の電子雑誌を横断してコンテンツを分析することも可能となった。

【関連記事】
アドビ、Jストリームと連携へ~テレビ番組等の動画コンテンツ配信・収益化サービスを展開
アドビ、ストックコンテンツサービス「Adobe Stock」リリース
日産自動車、「Adobe Marketing Cloud」を導入
Adobe Marketing Cloud、Forresterのレポートで最高点を獲得
アドビとトランスコスモス、デジタルマーケティング分野における提携を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5