MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DeNAの電子チラシアプリ「チラシル」、Amazonギフト券活用で狙う顧客購買行動の変容とは

2015/10/28 10:00

 電子チラシのスマートフォンアプリ「チラシル」を展開するDeNA。掲載されている商品を買い物したレシート画像を送るとAmazonギフト券がもらえるという仕組みで、利用者数を伸ばしている。なぜAmazonギフト券を選んだのか、そのメリットや成果、今後の展開まで、同社EC事業本部 サービス開発事業部の秋元里奈氏に伺った。

毎日の買い物に欠かせない! ヘビーユーザー多数のアプリ

 秋元氏が所属するEC事業本部 サービス開発事業部は、eコマースを中心とした新規事業を創出することをミッションとした組織である。また、既存サービス「チラシル」のプロモーションも担当。チラシルは、関東をメインとしたスーパー等の折り込みチラシを無料で見られるスマートフォンアプリだ。郵便番号か現在地から近所のスーパーを検索し、よく行く店舗とよく買う商品ジャンルを登録しておくと、該当店舗のチラシが配信されるという仕組み。

電子チラシアプリ「チラシル」

 個人情報を入力する必要はなく、特売品やお店、商品ジャンルごとにチラシを検索することができる。商品をタップすれば、複数店舗の価格比較も可能だ。チラシ情報は基本的に独自で収集しているが、提携して情報を受け取っているスーパーもあり、今後は徐々にお得情報を共有できるスーパーを増やしていきたいという。

株式会社DeNA EC事業本部
サービス開発事業部 秋元里奈氏

 「当社では様々なアプリを提供していますが、リリースして2年になるチラシルは当社の他アプリに比べて粘着度が高いことが特徴です。主婦の方をはじめとして買い物に毎日行かれる方も多いので、平均で週に約4回開いてくれています。インストールしてから翌月の継続率も80%と高いので、高い満足度もご提供できているかと思います」(秋元氏)

購買行動を変容する「おこづかい」機能とは

 同アプリは、購買意思決定を左右する情報を与えてくれる「おこづかい」機能を7月27日にリリースした。これは購入期間や商品など、キャンペーンの指定条件を満たしたレシートを撮影した画像を送ると、Amazonギフト券のコード番号が送られてくるというもの。このコード番号は、Amazon内の商品購入時に利用できる。

おこづかい機能

 キャンペーンは応募するとAmazonギフト券が必ずもらえるものと、抽選のものがある。ほぼ毎日新しいキャンペーンがアップされ、ギフト券の金額は5円から。全員プレゼントの場合、最高で150円分のAmazonギフト券が付与され、抽選であれば100名に1,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされてきた。キャンペーンは常にいくつも開催されており、1つのレシートで複数のキャンペーンに応募することも可能だ。

 「商品が高価だと、還元額も高くなる傾向があります。例えば松茸の場合は150円還元で開催しました。また還元率という観点でこれまでに一番お得だったのは、もやしのレシートで100円還元というものです。たとえ19円のもやしでも100円もらえるので、お客様によっては還元率500%超えという方もいらっしゃいました。どのキャンペーンも応募は1人1回のみですが、使い方でお得度が変わってきます」(秋元氏)

 同機能の提供開始後、アプリダウンロード数は100万を突破。1日あたり数万のユーザーが利用している。キャンペーンによっては、期間中にレシートが数千規模で送られてくるものもあるという。またリピーターも多く、今まで行ったキャンペーンの8~9割に応募しているユーザーも多数いるとのことだ。

Amazon Gift Cards Japan株式会社が2015年10月28日(水)~30日(金)、第5回Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】に出展します! 詳細はこちらから

インセンティブ使ったキャンペーンを検討中のマーケターの皆様、Amazonギフト券を活用してみませんか? お問い合わせはこちらから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5