MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

クラウド基盤を前提にキャンペーンが進む時代へ~「Microsoft Azure」の最新活用事例に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/02/15 08:00

  企業のデータ基盤はクラウドが主流にーー。「一昔前はセキュリティ上で敬遠されていたクラウドですが、もはや欧米ではクラウド型の基盤が前提になっています」と語るのは、米マイクロソフトでクラウド型プラットフォーム「Microsoft Azure」の開発に携わる河野通宗氏。欧米では、議員選挙時のキャンペーンや、モバイルアプリとWebを統合した地下鉄の保守点検システムまで、膨大なトラフィックや複雑な仕組みを支えながらさまざまなニーズに対応する「Microsoft Azure」の活用が進んでいるという。

ビジネス基盤はクラウドが当たり前の時代に

 MarkeZineでは4回にわたり、クラウド型プラットフォーム「Microsoft Azure」(以下、Azure)の概要と国内での活用事例を紹介してきた。(過去の連載記事はこちら)今回は、米マイクロソフトからAzureの開発に携わるソフトウェアエンジニア・河野通宗氏の来日に際し、実際に欧米でどのように使われているのか、その最新情報を聞く。

Microsoft Corporation Cloud & Enterprise Group
Azure App Service Team 河野 通宗氏

 河野氏は日本マイクロソフトに勤務した後、本国への移籍を希望して約5年前に渡米。現在はAzureの機能の中でも、Webサイトやアプリケーションが素早く簡単に構築できる「App Service」という領域の開発に主に携わる。年間で500ものサービスアップデートや新サービスのリリースにチームであたる傍ら、クライアントの大規模なキャンペーンが展開される際はそのサポートも担当。環境を構築する段階でのプロトタイプ作成や、事前のテストを手がける場合もあるという。基本的にはセールスのスタッフが先方担当者と調整して進めるが、エンジニア同士が対応するほうがスムーズな場合は、直接クライアントサイドのエンジニアと問題の解決にあたることも。

 近年の潮流に関し、河野氏は「数年前と状況がまったく違う」と話す。セキュリティの問題からクラウドが敬遠されていたころとは一転し、最近は何らかのビジネス基盤を構築するならクラウドが当たり前になっているという。

予想外のトラフィック増加にも難なく対応

 その潮流は、企業の格付けとしてよく引用される、米ガートナーの「マジック・クアドラント」にも見て取れる。3年前、ビジネス基盤として高ランクにエントリーしていたのは、いずれも自社サーバーで管理する、いわゆるオンプレミスの基盤を提供していた企業。それが一転、現在ではAzureが高ランクにつけている。

 特に、他のクラウド型プラットフォームと比較しても、提供サービスの種類や数においてAzureは群を抜いている。その点も、高ランクの要因となっているようだ。「ビジネス基盤として認められるようになったと実感した」と河野氏は語る。

 企業のあらゆる業務に活用できるAzureだが、特にマーケティング領域での活用が進んでいる。相性のよい理由のひとつは、キャンペーン時などの急激なトラフィックの増加に対応できることだ。

 たとえばダイソンが新型掃除機のキャンペーンを日本で先行してローンチした際は、アップされた動画が国を超えて話題になり、日本語サイトにもかかわらず各国からトラフィックが集中。当初の想定では、1日あたり15万ヒットだったのに対し、実際には24時間で150万ヒットという10倍のトラフィックが発生した。

 このとき、エージェンシーの英HOGARTHは、Azureを通してすばやく他の地域でもサイトを開設し、トラフィックを世界に分散させる仕組みを構築。これにより、予想をはるかに超えたトラフィックにエラーなく対応することができた。「これをクラウドを使わずにやるのは、ほとんど不可能だと思う」と河野氏。

(左)キャンペーンサイト(右)ダッシュボード

 また、インターネット上のつぶやきを地域別、言語別、感情別に分類してダッシュボードに表示し、解読したインターネット上の感情を基に地域別のマイクロサイトのアップデートも実施したという。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:デジタルマーケティングプラットフォーム「Microsoft Azure」の魅力とは?

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5