MarkeZine(マーケジン)

記事種別

パラマウント基準をクリアした“トランスフォーム”動画広告 クリエイティブ魂で話題化狙う

2017/07/25 11:00

  ユーザーの体験は、便利なほうへ、快適なほうへとどんどん当たり前になっていく。そろそろスマホの動画広告も、縦動画というだけでは話題にならないのでは――。そんな考えを背景に企画されたのが、8月4日に公開を控える映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』のプロモーションに導入された“トランスフォームする”動画広告だ。同作品のオンラインプロモーションを担当したガイエのミスターTは「重視したのはPVよりエンゲージメント。ギミックが目立つと拡散性も高まる」と語る。ガイエとネイティブ広告を手がけたpopInに、企画の舞台裏を取材した。

映画のプロモーションに縦動画を活用

MarkeZine編集部(以下MZ):動画広告も手法としてすっかり定着しましたが、ある程度の時間を取ってしまう性質上、視聴完了や拡散性を高めるには一定の工夫が必要だと思います。今回は、映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』でギミックを凝らした動画広告が展開されたとのことで、企画を手がけたガイエさんとpopInさんにお話をうかがいます。まずは両社の事業と、今回の座組みをご紹介いただけますか?

popIn マネージャー 金谷 徹氏(写真左)ガイエ ミスターT氏(写真右)
popIn マネージャー 金谷 徹氏(写真左)ガイエ ミスターT(写真右)

T:ガイエは映画を中心としたエンタメ・コンテンツにおけるWebプロモーションをトータルパッケージで提供しており、パブリシティ・SNS・制作・システム開発の企画から運営、実施までを行い、またオンライン・メディアバイイングから広告関連事業なども行っています。映画のプロモーションでは作品への理解が広告PRの効果を大きく左右しますが、当社はパブリシティチームと連携したプロモーション展開を強みとし、作品宣伝コンセプトの深い理解を得た上で、バイイングにおける各種メディアの組み合わせなどをプランニングしています。

 今回は東和ピクチャーズ配給の映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』のオンラインプロモーションの中で、popInさんとも密になって、動画広告の企画・配信を行いました。

金谷:popInは、メディア向けに記事の読了率を計測できる分析サービスやレコメンドウィジェットを提供する傍ら、広告主・広告会社向けにはネイティブ広告のネットワークを展開し、企画制作から配信、分析と改善までワンストップで手がけています。特に最近力を入れているのは、スマホでの閲覧を前提とした縦動画のネイティブ広告ですね。

レコメンドウィジェット面が“トランスフォーム” 必要だった高いクオリティ

MZ:スマホでのネイティブ動画広告というと、どういうスタイルなんでしょうか?

金谷:ユーザーにスキップされず、自然な流れで触れてもらえるよう、当社ではユーザーが目的の記事を読み終わった後のレコメンド欄への掲載を前提としています。動画自体は、その欄がスクロールされたタイミングで自動再生します。

 特に『トランスフォーマー/最後の騎士王』の動画広告では縦である以上にギミックにこだわって、広告自体が“トランスフォームする”というコンセプトで制作しました。ぜひ、まずご覧いただければ。

MZ:なるほど、確かにトランスフォームしていますね!

T:他にも、こんなバージョンもあります。先ほどお話があった、レコメンド欄に出ることでユーザーの邪魔にならないという点も大事ですが、配信先も本作にメインターゲット層向けの媒体を厳選して、突然動画が始まってもむしろ楽しんでもらえることを重視しました。

MZ:これは、つい人に言いたくなりますね。今回、ミスターTがpopInの動画広告を選んだ決め手はなんだったのでしょうか?

T:いちばん大きかったのは、クリエイティブのセンスと動画制作においての柔軟性ですね。そもそも、洋画の新作映画プロモーションは非常に難しい部分があり、夏休みのような映画の激戦時期にインパクトのある企画を展開しようと思っても、本国の許可がおりないことも多いんです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5