MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「セブン-イレブン」なんて呼ぶ? 東日本では4割が「セブン」と略す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2008/07/23 15:45

 アイシェアが行った大手コンビニ6社の略称に関する調査によると、最も浸透しているのは「ファミリーマート」の略称「ファミマ」であることがわかった。

 身近な存在となっているコンビニエンスストアは、それ自体が「コンビニ」という略称で呼ばれることが多い。アイシェアは、大手コンビニ6社の名称がどのように略されているかに関する調査を行い、20~40代を中心とするネットユーザー447名から有効回答を得た。その居住地域は「東日本」が260名、「西日本」が167名(「その他・不明」が20名)。

 まず、「あなたの呼び方」として略称を尋ねたところ、「ファミリーマート」は84.3%が「ファミマ」と略しており、「サークルKサンクス」は54.3%が「サンクス」と略している。その一方で「略さない」が主流のコンビニも多く、「ローソン」では99.3%、「ミニストップ」では87%、「am/pm」は69.6%となっている。最大手の「セブン-イレブン」は半数以上が「略さない」と回答したものの、「セブン」と略す人も全体で36.5%いることがわかった。

 東西の違いに注目すると、「セブン-イレブン」は西日本では「略さない」が64.1%を占めたが、東日本では42.3%が「セブン」と略しており、「略さない」は50.4%にとどまっている。セブンイレブンのそのほかの略称としては、「イレブン」(東日本4.2%、西日本0.6%)、「セブイレ」(東日本0.4%、西日本3.0%)、「ブンブン」(東日本1.5%、西日本1.2%)などもあがっている。

 また「サークルKサンクス」も、東日本では「サンクス」が63.8%を占めるものの、西日本では38.3%にとどまり、「マルK」「サークルK」という略称がそれぞれ1割を超えるなど、東西差が見られた。

【関連記事】
セブン-イレブン、酒類中心のネットコンビニ「セブン-イレブンネット」オープン
コンビニ弁当一番人気はセブンイレブン、しかし「コンビニ弁当利用しない」は4割に迫る 
全国導入スタートで、コンビニの「taspo特需」最後の大波?
コンビニで「刺身」が買える時代に、ファミリーマートが水産商品販売を本格化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5