MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【デジカメ撮影術】トリミングで撮影後に構図を整える

2008/10/09 11:00

  トリミングは、オリジナル画像の一部分を切り抜き、新たな構図を作る作業です。その影響効果の大きさを知り、トリミングが本当に必要な写真のみに行いましょう。必要であれば大胆に行い、まったく別の写真を作り上げてもおもしろいです。【バックナンバーはこちらから!】  

トリミングをする前に確認したいこと

 オリジナル画像から、ある一部分を切り取ることをトリミングといいます。余分な部分を省いたり、強調したい部分にクローズアップしたりする場合に、便利です。簡単にできる分、トリミングを行うことが、もっとも的確な選択肢なのか、見極めてから作業しましょう。トリミングを行うと、写真の構図が変わります。出来上がった構図は、撮影時の状況を踏まえ、ベストだと判断されたものであるはず。安易に変えるのは避けたいところです。

 出来上がった画像を見ると、どうしても、被写体を大きく強調したくなるものです。しかし、単に目立たせることが目的なのか、撮影時の意図を活かすのかを考える時間が必要です。掲載する媒体のコンセプトを振り返り、冷静に判断してから行います。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5