MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

年間 138万回利用されている「無料SEOツール」で行う被リンク分析の「基本」と「応用」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 SEO対策において、検索順位の上位サイトと相関が高いSEO要因である「被リンク」。被リンクはどのような視点でもって分析するべきだろうか。今回の記事では株式会社ディーボの無料SEOツールを利用して被リンクを分析する際のポイントを紹介していく。

SEO対策で最も重要な「被リンク」

 「被リンク」とは、あるページから受けているリンクのことだ。「バックリンク」とも呼ばれている。

 各検索エンジンでは、検索順位を決定するためのルールを独自に定めている。その指標のひとつとして、「多くのページからリンクされているページは重要である」という考えのもと、被リンクの数や、また、数のみならず、どのようなページからリンクされているか、という「被リンクの量と質」に関する評価をしている。

 ディーボが開発した検索アルゴリズム分析ツール「ALGO BUSTER(アルゴバスター)」でも、検索順位の上位サイトと被リンクに関するSEO要因の相関が、ページ内部に関するSEO要因よりも圧倒的に高いことがわかっており、被リンクの重要性が数値で証明されている。

 今回の記事では、SEO対策で重要な被リンクを分析する方法について解説する。

 検索アルゴリズムを分析できるSEOツール「ALGO BUSTER(アルゴバスター)」の詳細はサイトでご覧ください。

被リンク分析 概要

 下の図は被リンク分析のイメージ図である。以下の図の流れで被リンク分析を進めるとわかりやすいだろう。

被リンク分析のイメージ図
被リンク分析のイメージ図

 それでは、次のページより上の図の流れに沿って、被リンク分析内容を解説する。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:話題のサービスを詳細解説

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5