MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

高校生が最もよく使うサービスはLINE、中学生はYouTube【中高生のソーシャルメディア利用実態調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/07/25 13:30

 ガイアックスが実施した「中高生のソーシャルメディア利用実態調査」から、中学生が最もよく利用しているサービスはYouTubeで、高校生はLINEであることがわかった。

 ガイアックスは、中高生のソーシャルメディア利用実態調査を実施した。

 中学3年生と高校1年生の所有携帯端末を調査したところ、中学3年生のスマートフォン所有率51%が、高校1年生時には83%に上昇していた。高校入学時に3割の生徒がスマートフォンに買い替える傾向にあると予想される。

 中高生のSNS利用率を調査したところ、YouTube、LINE、Twitterの利用率が高かった。そして、最も普及しているサービスは中学生はYouTube(70%)、高校生はLINE(81%)であった。

 所有端末別に中学生のSNS利用率を調べたところ、スマートフォンでのLINE利用率は77%となり、フィーチャーフォン所有の約3倍に。またTwitter利用率は44%で、フィーチャーフォン所有の中学生の約2倍であった。

 さらに、所有端末別に高校生のSNS利用率を調査すると、スマートフォンでのLINE利用率は91%で、フィーチャーフォン所有者の約2倍の利用率だった。またスマートフォン所有者のTwitter利用率は70%で、フィーチャーフォン所有者(41%)と比べて差が大きかった。

【調査概要】
調査方法:無記名方式/アンケート
調査期間:2013年12月~2014年3月
調査回答数:東京都・神奈川県の私立中高5校の生徒6,216名(うち中学生1,158名、高校生5,058名)

【関連記事】
パン田一郎との会話でバイト探し!LINEビジネスコネクトを活用した公式アカウント公開
Twitterの利用目的は「趣味の情報収集」/LINEユーザーの6割が毎日利用
検索は不要!H.I.S.がLINEトークを使った「海外ツアー紹介」「店舗検索」サービス開始
公式アカウントのフォロー率高はFBとTwitter/フォローユーザーの4割が態度変容
Twitter、特定の人を非表示にできる「ミュート機能」を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5