MarkeZine(マーケジン)

記事種別

群雄割拠のアプリ計測サービス、サポート強化で勝機を見出す

2017/02/13 08:00

 アタラ合同会社が運営するメディア「Unyoo.jp」から、コラムやキーパーソンへのインタビュー記事をピックアップして紹介する本連載。今回はアタラ合同会社 取締役CCO 岡田吉弘氏とTUNE 日本エリア代表 岡田拡才氏の対談です(※このインタビューは2016年12月に収録されました)。

アプリのデータマネジメントの重要性

TUNE 日本エリア代表 岡田拡才(ひろとし)さんアタラ合同会社 取締役CCO 岡田吉弘
TUNE 日本エリア代表 岡田拡才(ひろとし)さん(写真左)
アタラ合同会社 取締役CCO 岡田吉弘(写真右)

アタラ岡田(以下:アタラ):本日はありがとうございます。岡田さんとは偶然にも同じ苗字なので、本日が初対面にもかかわらず勝手に親近感を持っていました。この対談では、日本市場におけるモバイル計測の可能性や、データを活用したマーケティングのこれからをテーマに、モバイル計測の現状や技術的・組織的課題、さらに集まったデータのマーケティング活用の可能性など、色々な切り口でお話を進めていきます。本日はよろしくお願いします。

岡田:こちらこそよろしくお願い致します。

アタラ:早速ですが、岡田さんは2016年12月にTUNEの日本法人の新代表として就任されました。これまでのご経歴と、今回の就任に至った経緯を教えていただけますか?

岡田:TUNE に入社する前は、ゲーム事業で有名なグリーで5年ほどアプリの広告に携わっていました。日本のゲームを海外に出すグローバルのプロモーション、特にモバイルアプリの販促やデータ分析など、広告にまつわる事業を長く経験しています。その後、グリーアドバタイジングという国内の代理事業の立ち上げに携わり、主にゲームプロバイダーのプロモーション代理事業をずっと行っていました。

 グリーやグリーアドバタイジングでアプリ広告の仕事をしていく中で、アプリのプロモーションの手法自体が劇的に変わっていく様をリアルタイムで経験しました。ブースト広告が市場を席巻していた時期もありましたし、現在のようにソーシャルメディアを活用したプロモーションが出てくるなど、時期によって目まぐるしい変化がありました。

ユーザーデータの戦略的活用に勝機あり

岡田:こういった変化の激しい分野で成功するためのコツというか真理のようなものは何だろう? と考えたときに、一つの共通項として行き当たったのが、獲得したユーザーや今この瞬間も利用したり遊んでくれているユーザーのデータを戦略的に活用している企業が結果的に成長しているという事実でした。

 いわゆるデータドリブンでマーケティングや開発をしている企業やアプリが生き残ってきているわけです。モバイルが中心となる世界では、今後はこれまで以上にそういった傾向が強まってくるだろうと、グリーで仕事をしていく中でずっと感じていました。

アタラ:そこで、データを計測して活用する企業であるTUNEに行き当たったということですね。

岡田:はい。代理事業をやっていた頃は、対象のアプリに各媒体社さんやツールベンダーさんのSDKをたくさん設置していたのですが、そうするとアプリの起動や挙動そのものが非常に遅くなるので、計測以前にアプリのパフォーマンスにとってマイナスになりかねません。

 SDKが少ないのに越したことはないので何か統合するよい解決策はないのかと様々なツールを試してみた中で、TUNEが非常によいなと一人のユーザーの立場として感じていました。

アタラ:具体的にどういった点でそう感じられたのでしょうか。

岡田:一つは、計測したデータを半永久的に所有できるというところです。成長しているアプリやユーザーに長く使ってもらっているアプリはたくさんのデータが溜まっていきますが、それを活用するためには一元的にすべてのデータを持つことが何よりもまず必要だと思っていまして、それができている数少ないツールがTUNEだなと感じていました。

 また、TUNEのツールを利用する際は、データの所有権を利用企業が持て、ダッシュボード上でデータを管理や可視化できるので、透明性の高いモデルであることも理由の一つです。さらにデータの安定性もTUNEを高く評価する点となりました。

アタラ:データの活用という観点でも、いちいち企業側で分散したデータを接続する必要がなく、統合して連続性のあるデータとして利用できた方が圧倒的に分析しやすいですよね。

岡田:まさに、データマネジメントという観点で見たときに、一元化は重要です。また、分析だけでなく、データを様々なセグメントを切って広告などのプロモーションに活用することこそ、企業から求められていると言えます。

 近年では特にアプリのリエンゲージメントのニーズがすごく増えてきていますので、各社さんともにデータマネジメントとプロモーションとの接続が喫緊の課題として挙がってきているのかなと感じていました。たまたまご縁があって日本法人の代表へ就任したのですが、元々持っていた課題への回答として、TUNEへは以前から注目していたというのが、最初のご質問への回答です。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5