MarkeZine(マーケジン)

記事種別

賃金の代わりに音楽をカット?!YouTubeやSpotify活かすブラジルの男女給与格差キャンペーン

「女性の賃金は男性の賃金の70%に過ぎない」というメッセージを、言葉ではなくちょっと変わった音楽配信方法で伝える斬新な企画です。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2017年
 国名:ブラジル
 企業/ブランド:AzMina
 業種:非営利団体

7割止まりのもどかしさ

 ブラジルで行われた調査によると、同国では男女の給与に大きな違いがあり、女性の賃金は男性の7割ほどにとどまっているといいます。

 この状況を人々に広く周知し、また改善を訴えかけるため、女性の権利・社会的地位の向上を目指し活動をするNPO団体・AzMinaは、国内の有名女性アーティストの協力のもとユニークな啓発キャンペーンを実施しました。

 『More Than 70』と名付けられた企画に賛同したのは、全世界で2,000万枚のアルバム売上を記録したブラジル音楽を代表する女性シンガー・DANIELA MERCURY、プロモーションビデオがYouTubeで6,000万回の視聴回数を超えた歌手のTiê、そして同じく有名歌手のValesca Popozudaの3名。

 AzMinaは、ラジオやYouTube、音楽のストリーミング配信サービス・Spotifyなどのメディアにおいて、彼女たちの歌を“全体の70%だけ”流すことにしたのです。

 7割というと…大抵の場合ちょうど曲のクライマックスに差し掛かるところ。終盤に向けて盛り上がってきたところで歌は突然途切れ、“ピーーッ”という電子音とともに「この歌は全体の70%に達しました。これは男性に比べて女性が稼ぐ金額と同じ割合です。」というアナウンスを流して、リスナーに企画の意図を種明かし。

 このキャンペーンはSNSで話題となり、たくさんの称賛コメントが寄せられたほか、テレビやネットニュースなど様々なメディアで1,740万回のインプレッションを獲得。パブリシティの広告換算額は2,530,000BRL(約9,000万円)に達したといいます。

 音楽を突然止めるという“出会いがしらのサプライズ”をもって人々の関心を引き付け、賃金格差の是正に取り組んでいこうという意思を示したユニークな取り組みでした。

動画はこちら

先週の紹介キャンペーン

仏eBayによる超攻撃的な競争戦略!競合ECの「売り切れ商品URL」をプロモーションコードに

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5