MarkeZine(マーケジン)

記事種別

米国の大学生2人がつくった、合法的な無料音楽サイト「just hear it」

2009/04/13 12:05

 「ネットで流通する無料の音楽は違法」というイメージを変えたい――米国の2人の大学生が、ブラウザで音楽が聴ける新しいサービスを開始した。

 「just hear it」は、南カリフォルニア大学とエモリー大学の学生が作ったサービス。曲名やアーティスト名を入力して楽曲を検索すると、ブラウザの画面に表示されたプレイヤーを使って、無料で音楽を聴くことができる。

 現在はベータ版のため会員向けの機能は利用できないが、会員になると自分用のライブラリを作成し、プレイリストなども利用できるようになる。

 just hear itでは、主要な権利団体ASCAP、BMI、SESACにライセンス料を支払っており、サービスが合法であることを強調している。広告モデルで運営されるのかは明らかにされていないが、将来的には収益をレーベルに還元したいとしている。

【関連記事】
iPhoneユーザーに大人気の音楽ゲーム「Tap Tap Revenge」
JASRACら楽曲データベースを構築して音楽配信の著作権処理を軽減
音楽ダウンロードの95%は違法、どうなる?2009年のデジタル音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5